*うさぎの桜*

乙女ゲーム・アニメ・声優さんを中心に 大好きなものをつらつら語るブログです

カテゴリ: その他★雑誌・本・漫画・DVD

おそ松さん BD&DVD 第三松発売おめでとうございます!!


26b516e8.png

第三松はこの通り可愛いチョロ松が目印だよ~。
一巻のおそ松、二巻のカラ松はあの六つ子お揃いの勝負服だったのに何故かこのチョロ松は私服スタイル。
何故?何故に?全員あの勝負服にしなかったんだろう?
しかしこのチョロ松可愛すぎじゃないですかね!ね!!

では追記から第三松に収録された話の感想になります。
前回と同じような感想になると思いますが、大丈夫な方はどうぞ。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
続きを読む

おそ松さん BD&DVD 第二松発売おめでとうございます!!

513197d8.png

そんな訳で第二松はこの痛いカラ松が目印だよ!
いったいね~!
このジャケットが公開された時はこのカラ松を見て笑い転げた懐かしい思い出。
ここ最近は第一松と同じく何回も繰り返し見てますね。
録画していた最新話を見て、BDを見て~というおそ松漬けの幸せな日々…このまま松ロスになるのが凄く恐ろしいです。

ではそんなおそ松さん第二松の感想になります。
前回の第一松の感想方式ではなく言いたい事を言いまくるそんな感想にしたいと思ってます。
ギャグアニメの感想って難しいね。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
続きを読む

おそ松さん BD&DVDシリーズ発売おめでとうございます!!

a4e0b5df.png

という訳でうちにもおそ松兄さん仕様のBDが届きました!
休みを使って何回も観てこのBDを楽しみ尽くしました。
まさかBDの発売をこんなに楽しみにする日が来るとは思わなかった…そしてもう何回見たか分からないくらい繰り返し観てるせいでもうこの数日でかなり使いこんでしまってます(笑)。
うん、毎日こんなおそ松漬けになってますが今はそれが幸せです。小さな幸せですね。

そんな訳で第一松(なんだかややこしい表現…これじゃノーマル四男を思い出しますね)の感想をつらつらと書きなぐっていきたいと思います。
ネタバレ遠慮なくバンバンしていくので要注意を!それでもOKって方はどうぞ~。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
続きを読む

ガルスタ6月号の感想です。


読め終えたのでまた感想を。

表紙はMARGINAL#4。
付録までマジフォー尽くしでこれは嬉しかったですね。

以下独断と偏見で選んだ記事の感想になります。そこはご了承くださいね。
大丈夫な方はどうぞ。






*BAD APPLE WARS
2015年発売予定です。
人気イラストレータースオウさんを起用したオトメイトの新作。
"オチコボレの魂"達が通う死後の学園を舞台に、校則をめぐる攻防戦が幕を上げる。

死後の世界の学園で起きる学園戦争、それを舞台にし、生き返るために主人公はこの抗争を勝ち抜いていく…?それが大まかな物語かな?キャラも紹介されていました。

・アルマ/ワルイ子たちを束ねる頭脳派リーダー CV.櫻井孝宏
・ヒガ/アルマの右腕を務める大柄な硬派男子 CV.諏訪部順一
・シキシマ/神出鬼没のマイペースな絵描き少年 CV.石田彰
・サトル/勉強ばかりしている天邪鬼ガリ勉少年 CV.花江夏樹
・白髪の風紀委員長/ワルイ子を矯正する感情なき風紀委員 CV.立花慎之介


主人公のリンカの制服も、ワルイ子Verと風紀委員Verとで変わるのがまた凝ってあっていいですね。
スタイリッシュなイラストと世界観が気になります。



*スカ―レッドライダーゼクス Rev.
あのSRXが5周年記念としてVitaに移植決定です!
そんなRev.での追加要素は…

・新規オープニング曲を宮野真守さん、新規エンディング曲をKENNさんが担当
・おまけシナリオはフルボイスで25本
・新たに書下ろしおまけスチルを1枚追加
・タッチボイススチル&トロフィー機能搭載
・パッケージイラストはpako氏の書下ろし


そんなおまけ要素をたくさんひっさげてpako氏の書下ろしVita化お祝いイラストも掲載されてましたがSRXらしいイラストでかっこよくもあり、可愛くもあり…素敵でした。
SRXの展開楽しみですね。

公式サイトはこちらから



*プリンス・オブ・ストライド
7月9日発売予定です。
限定版パッケージイラストや、システムを公開です。
どんな感じに試合などを再現するのかなと思ったんですが…かなり凝ってある感じですごく楽しそうですね。
アドベンチャーパートでは真面目に練習し、能力アップ。そして絆を深めていき…
試合パートではタイミングを合わせるミニゲームや、主人公の正しい判断、選手との絆が鍵になり、すごく面白そうで…!!
勿論恋愛要素もあるとの事ですが、そっち側…試合や部活側が今からすごく楽しみですね。

声優さんインタビューも掲載されておりました。今作、サブも合わせたら凄い数の声優さんになりますよね。

公式サイトはこちらから



*薄桜鬼 真改
2015年発売予定。
新キャラ3人のキャストが決定です。

・伊庭八郎 CV.宮野真守
*相馬主計 CV.梶裕貴
*坂本龍馬 CV.小野大輔


やはり龍馬は変わらず小野Dでしたね。これは絶対くると信じてました。
んで残りも豪華。個人的には好きな相馬に梶くんがキャスティングされたのは凄く嬉しかったですね。

そして新サブキャラクターの存在も判明。

・武田観柳斎
・三木三郎
・本山小太郎
・野村利三郎
・中岡慎太郎


新選組に関わる人物沢山増えるみたいでこれから楽しみです。
新選組の事を掘り下げてくれたりもっとしてくれるのかな?

公式サイトより



以上今回はこんな感じで。
次回は発売が間近に迫ったPOSSESSION MAGENTA。
表紙おめでとう、楽しみです!!


▽以下購入予定メモ
続きを読む

ガルスタ5月号の感想です。


かなり遅くなってしまい申し訳ないです…!!
やっと読めたので感想いきます。

表紙は「薄桜鬼 真改」。土方さん、斎藤さんと新キャラですね。
そして付録には斎藤真書がついていましたが斎藤さん好きにはたまらない付録でしたね、乙女ゲーアワードキャラ部門1位、改めておめでとう!


以下独断と偏見で選んだ記事の感想になります。そこはご了承くださいね。
大丈夫な方はどうぞ。


*薄桜鬼 真改
2015年発売予定。

真改とは…薄桜鬼シリーズをPS Vitaで新攻略キャラと本編に加筆を加え2章仕立てにし発売するという新しい薄桜鬼のゲームですね。本編の書き直しって事ですが、本編が好きだったのですごく楽しみです。久々に薄桜鬼シリーズに触れようかなと。
2章仕立てですが、1章は「風ノ章」との事。

新キャラは

*伊庭八郎
*相馬主計
*坂本龍馬


相馬きた…!!まさか新キャラに相馬主計…新選組の最後の隊長ですもんね、彼の物語かなり楽しみです。
あと坂本龍馬は裏語で出てましたが外見とかは一緒なのでやはりCVは小野Dになるのかな?
今までの6人の新衣装も公開されてて新しい隊服もいい感じですね。

公式サイトはこちらから


*アンジェリーク ルトゥール
2015年発売予定です。
あのアンジェリークのフルリメイクで。そんなアンジェリーク ルトゥールから新しくキャラを公開です。
現代風にイラストが変わった守護聖達がお披露目ですね。
今回公開されたのは…

*マルセル CV.優希比呂
*ジュリアス CV.速水奨
*ゼフェル CV.岩田光央


ゼフェルのイメチェンにかなり驚きました。もっと髪ツンツンじゃなかったっけ!?
でもこの初代の守護聖様ではゼフェルが一番好きだったので楽しみです。

そして
ボリュームは元の作品の倍以上、デートスポットや恋愛要素もパワーアップした
との事。これからの情報が楽しみですね。


*プリンス・オブ・ストライド
7月9日発売予定です。
ついに発売日が決定し、動き出したか!と楽しみになってきました。OPムービーも公開されて…疾走感のあるムービーがかっこよかったですね。
攻略対象となるのは…

*八神陸 CV.木村良平
*藤原尊 CV.岡本信彦
*小日向穂積 CV.小野賢章
*支倉ヒース CV.小野大輔
*久我恭介 CV.諏訪部順一
*諏訪怜治 CV.宮野真守


この中では諏訪くんが気になりますね。このほかにもたくさんサブキャラがいて声優さんもかなり豪華なのでこれも色々イベントあったらいいなぁとか期待してます。

公式サイトはこちら


*POSSESSION MAGENTA
5月27日発売予定です。
OPテーマソングCDのジャケットイラストが公開!アルカナの時のようにレコーディングしてる風景みたいなイラストがなんだか嬉しかったですね。
キーワードである「ポセマゼ」。これにかかったらどうなるのか…それぞれのキャラを紹介。
キャラの奥に秘めた想いなども物語に関わってくるんでしょうね。色々気になります。
デートイベの画面も公開されてましたが、このイベントも楽しそうで、プレイするのが更に楽しみになりました。

キャラ特集は今回は草太と奏。このシリーズのイラストほんと好きです。
そしてこの2人の新たに公開されたスチルも。エプロン持って笑顔な奏が可愛いです、なんだあのスチルは!?

公式サイトはこちら


以上今回は短いですがこんな感じで。
気になる情報があまりなかったというか、目新しい感じのがなかったのかなと。

次号の表紙はMARGINAL#4です。またマジフォー嬉しいです、新作CD発表とかあるのかな?


▽以下購入予定メモです。
続きを読む

このページのトップヘ