*うさぎの桜*

乙女ゲーム・アニメ・声優さんを中心に 大好きなものをつらつら語るブログです

カテゴリ: その他★アニメ

美少女戦士セーラームーンEternal <後編>
公開おめでとうございます!!

んでもって我慢しきれず観てきました!!
前編からずっと後編を観るのを楽しみにしてまして…!!
私は原作は読んでないので驚きの展開ばっかりで、セーラームーンを初見で観たような感動を覚えましたね。あとやっぱり話が難しい…これ当時の女児は原作読んで理解できたの??

私は当時は全然話を理解できてなくて、最近再放送とかで観てやっと話が理解できた身なのですが、本当に夢とロマンが詰まった美しい作品だなと。

あと当時はあまり好きじゃなかったうさぎちゃん。(すみません)
アニメはドジっ子な部分が大きく出てたうさぎちゃんですが、原作は本当に素敵な女の子で…これは本当にプリンセスだよね、と。
三石さんだけ声優さんは変わらなかったのですが、年月が経ち、三石さんの声質も当然変わる訳で。
しかし今回はその三石さんの声が綺麗で美しく皆を包みこむ今回の劇場版のうさぎちゃんにぴったりで…ドジな部分は一切今回は観れなかった分、三石さん続投は本当にいい判断だったなと改めて思いました。今になってうさぎちゃんを凄く好きになった…そんな劇場版でしたね。


▽以下ネタバレ感想含みますので注意してくださいね。続きを読む

美少女戦士セーラームーンEternal <前編>
銀魂 THE FINAL
観てきました!!
IMG_7867
ちょうどよく仕事が用事があり休みになって暇だったので、本当はセーラームーンを観に行ったのですがそんなセーラームーンが終わった後、すぐ銀魂の上映時間になったのやっぱり銀魂も観たいよなぁと思い銀魂も観てきました。
1日で違う映画を2本、映画館で観たのって実ははじめてだったのでは…!?

という訳でセーラームーンと銀魂という全くジャンルが違う作品の感想一気にいきます。
簡単に感想を言うと…どちらも素晴らしかった!!




美少女戦士セーラームーンEternal <前編>

幼い頃に観て、憧れて、セーラームーンでひらがな、カタカナを覚えたどんぴしゃ世代なのですが…その中でもアニメ4期のSuperSが一番好きで印象に残ってるそんな身としては観に行かずにはいられない!という訳でしっかり観てきました、正直凄く楽しみで。
SuperSが一番好きなのは当時一番好きだったキャラであるちびうさがメインになる話なのと、そんなちびうさとペガサス…エリオスとの恋に観てた当時からキュンキュンして憧れてたのもありました。
この4期から一気にちびうさが可愛くなって、エリオスに恋する姿が当時からの憧れでしたね。
観てた当時…幼い自分はセーラームーンの武器のスコープよりちびうさのエリオスを呼ぶベルのおもちゃが欲しかった思い出があります。

そんな大好きな4期の原作基準のアニメ映画化。原作では所謂「デッド・ムーン篇」と呼ばれるあたりですね。まずは…。

エリオス役に
松岡禎丞をキャスティングした人に感謝を送りたい…!!

イメージぴったりすぎるんですよ!!予告とか出てない時点で松岡くんと発表された時、神か!ともうここで解釈一致しすぎて拍手を送りたかったのですが、予告で声を聴いて更に素晴らしすぎてこの松岡くんのエリオスを観に行くために映画館に足を運んだ理由半分以上を占めるくらいでした。
旧作の松野さんのエリオスの雰囲気を持ちつつも、松岡くんの新しいエリオス…松岡くんの透明感のある優しい暖かい声…この松岡くんの声がめちゃくちゃ好きな身としてはもう感謝しかなくて。
んで、実際観て…エリオスの「乙女よ」って声だけで泣けてきてました。
こんなに旧作からでも違和感なくて、イメージぴったりなキャスティング…このセーラームーンのキャスティング変更の中では初なんじゃないかなと。そんな風に思うくらい、私が松岡くんのファンなのもありますが、最高でした!

ちびうさとエリオスにキュンキュンしたい方は上の動画をレッツ再生!
エリオスは上記にも書いた通り大好きなちびうさのエピソードでの最重要人物だったので最高なキャスティングに本当に感謝しきれないです。

内容としてはデッド・ムーンの襲来から、ちびうさとエリオスの出会い、そしてセーラー戦士たちの覚醒がメインでした。
私は原作は未読なのですが、アニメ版とは全然違う展開でこれが原作の展開なんだなと全く違うセーラームーンで楽しめました。
特に亜美ちゃん、レイちゃん、まこちゃん、美奈子ちゃんの過去や家族の話とかはアニメ観てたのに全く知らなくて…こんな過去があって、こんな悩みを抱えててと彼女達がフィーチャーされたのが凄く嬉しかったです。皆、普通の女子高生で、夢があって…でも4人の叶えたい本当の夢が見つかり、新しい力を手に入れて変身し、技を繰り出すシーンはかっこよかったですね。
変身シーンとか技のシーンとかも旧作をちゃんとオマージュしてるのが最高でした。
そういえば今作は旧作のアニメのキャラデザ・作画担当の只野さんが担当されてるってのも嬉しかったですね、昔のセーラームーンの絵が現代風にアレンジされた可愛い絵…リメイクの中で一番このイラストが大好きです。

あと懐かしい敵キャラ達。
アマゾン・トリオとアマゾネス・カルテットが大好きで…敵キャラもやっぱりSupersのキャラが一番思い入れがあったのですが、そんな中のフィッシュ・アイ役に蒼井くん!
蒼井くんのフィッシュ・アイへの愛は知ってたのでキャスティングされて、凄く嬉しかっただろうなと思いつつ、石田さんのフィッシュ・アイも可愛かったですが蒼井くんのフィッシュ・アイも凄く可愛かったですね。しかしアマゾン・トリオの出番少なくて…これはかなり驚きました。
アマゾネス・カルテットの方が沢山出てましたね、原作ではこんな扱いだったのかぁと。アニメではかなり出て活躍してましたしね。原作…読みたくなったな…!

前編と後編で分かれてるのでまだ後編に物語は続きます。
後編はウラヌス達外部戦士達、そしてほたるちゃんも復活し、セーラー戦士が全員集結。
そしてアニメ版ではなかったエターナル化…後編が楽しみすぎて!

そしてやっぱりちびうさとエリオスのシーンが今から楽しみです。
今作のエリオスとちびうさのキスシーン…本当に最高でした。旧作のシーンも凄く大好きだったのですが、今作は…綺麗だし、ちびうさは可愛いしエリオスはかっこいいし…。
とりあえずデッド・ムーン篇をアニメにしてくれて本当にありがとうございます!後編も絶対に観に行きます!!




*銀魂 THE FINAL

終わる終わる詐欺してた銀魂が本当に本当に終わっちゃいました。
しかし銀魂はやっぱり銀魂だよね、と。
空知先生の描く鬼滅の刃のカードが入場者特典になるなんて銀魂しか出来ないよねっと。
更に面白いのは鬼滅を入場者特典のネタにしたのに本編では鬼滅の話題何一つないのもまた銀魂らしいなぁと。ドラゴンボールとかワンピースとかはパロディしっかりしてたのに(笑)。
もう一つの特典の歴代名シーンのフィルム風シールは映画の完結編のやつでした。これも観に行ったなぁ…この完結編も最高でした。手塚な新八やら、最後眼鏡だけ残される新八とか…笑ったなぁ。

まず長い長い前回のあらすじをドラゴンボールネタでやっちゃう銀魂。
音楽までドラゴンボールだし、途中ワンピースまでパロディやっちゃうし…本当に銀魂らしいなと。
ベジータ高杉違和感なさすぎてびっくりしました(笑)。

アニメのあの終わりから続編という事で、いきなりクライマックスなはじまり方でしたが…アクションシーンが過去一と言ってもいい程かっこよかったですね。
というか攘夷組…銀さんと桂と高杉が三人で走ってるシーンで、幼い頃のシーンをいれるのはやめてくれよ…泣いちゃうよ。というか泣いたよ…。

虚、そして松陽先生…。
虚との最終決戦はまさかああいう形になるなんて、と…。高杉がここでかぁ…。
あの時、松陽先生がいなくなってから、銀さんと高杉の2人は会う事もなく分かれて別々の道を歩んだ訳だけど、銀さんが言ってたように酒を2人で呑む…そんな穏やかな時間もあってよかったよなぁと。
あの桜が舞う中の船の上で語り合うシーンが美しすぎて…最高でした。
それからの高杉VS銀さんのシーンが本当にかっこいい…!所々、昔戦った時のシーンと重なってたりする演出はアニメだからこそ映えるもので、これがもう最高でしたね。

きっと2年前に虚を倒してしまっていれば、消滅させてしまえばこんな事にはなってなかったかもしれない。だけど銀さんがあえて生かして、一緒に旅したのは、あの最後の松陽先生とのシーンのためだったのかなって。銀さんは今、こんな風に万時屋やってるよって…仲間達を紹介できてよかったねと。

終わりはやっぱり笑わせてくれる銀魂
最終回で最後なのにやっぱり締まらないそれが銀魂だなぁと。
偽装ナレーションのネタめちゃくちゃ笑いました。みんな最後のバカ騒ぎ楽しんでましたね、あの怒涛の新八ツッコミラッシュが本当に大好きなのでもうそこだけで楽しかったし、これで最後かと思うと泣けてもくるという…どういう事だよ。
んでEDの後の3年Z組銀八先生。
まさかの空知先生が空知先生役でまた出演するとは…!しかも色々ぶっちゃけてるしこれもまた銀魂らしい終わり方でしたね。個人的には終わりはアニメでよくあった万時屋の外見の風景で銀さん、新八、神楽が駄弁ってるだけで終わるかな?とか思ってたけど予想ははずれました(笑)。

ED曲流れてる時の歴代OPとEDのオマージュな演出最高だったなぁ…。

とりあえず本当に終わってしまった銀魂。
ずっとずっと追いかけて観てき作品だったのでこれでアニメがついに終わるとなるとやっぱり寂しいです。ずっと永遠に終わる終わる詐欺やっててもよかったんだよ?

ギャグは全開に笑えて、シリアスなシーンは号泣できる素晴らしい作品・銀魂。
今作も笑って泣けて…そしてかっこいいそんな最高な映画でした。
とりあえず…推しの沖田と神威は映画も本当にかっこよかったです。





という訳でセーラームーンと銀魂の感想でした。
セーラームーンはまた来月後編を観に行くので今から楽しみですね。
そう言えば…映画で流れて、映画館ではじめて知ったのですが…セーラームーンの今作のEDが旧作のEDのカバーなのがもう本当にこれも最高でした!
石田燿子さんの「私たちになりたくて」が流れた瞬間涙止まらなかったですね…この曲大好きだったので…!んで、帰ってすぐにDLで買いました。
後編はどうやら同じくEDの「"らしく"いきましょ」をANZAさんがカバーされるという事でこちらも驚き!ANZAさんと言えばCCさくらのOPの方で…一瞬違う方かと思いましたが本人でした…!
やっぱりSuperSのED曲最高だったなぁ…カバー本当にありがとうございます。

今日はもうずっと「私たちになりたくて」を聞きながらちびうさとエリオスの余韻に浸りながら寝たいと思います。

フルーツバスケット 2nd Season 25話(最終話)「・・・・・俺はもう、違うんだ」の感想です。


ついに2nd Seasonも最終回。
そしてここで終わるのかああああという凄く気になる所で終わりましたね。
ここで区切るのはFinal Seasonに向けていい引きだったと思います。

そんな訳でついに2nd Season最終回です!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
続きを読む

あなたが生きる未来にはどれだけ言葉が溢れているの
そこに愛してるはあるのかな
IMG_5652
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン観てきました!!

記事タイトルと上記の歌詞はエンディングテーマにもなっているTRUEさんの「未来のひとへ」から。
この曲…アルバムに入ってた時からずっと聞いてたんですが劇場版でエンディングで流れるとは…このヴァイオレット・エヴァ―ガーデンという物語の幕引きにぴったりな曲でしたね。

という訳で…完結編となる今作の劇場版。
ヴァイオレット・エヴァーガーデンという作品の素晴らしい終わり方だったと思います。
アニメ版からその作品の雰囲気、京アニの素晴らしい作画、演出、そして声優さんの演技…全てに惹かれてこの完結編となるこの劇場版も公開を楽しみに待っておりました。
あんな事件があって…そして2度の延期があってようやく公開された今作…一言で言うと。


ずっとずっと泣いてました


最初の始まりからまさか泣かされるなんて思わなかった…まさかあの話と繋がってるなんて!
個人的にアニメ版で好きな話が10話なんですよ、何度観ても10話は泣いてしまうんですがその10話と繋がってるなんて…あの家で…あ!と気付いた時は鳥肌ものでしたね。

少々これから先ネタバレになってしまいます。
ネタバレ大丈夫!って方はどうぞお付き合いください。














大丈夫ですか?では思った事をつらつらと。


ヴァイオレットにとってギルベルト少佐という存在はいつまで経っても何年経っても彼女の中で消えない忘れられない存在で…ヴァイオレットが評価されてどんなに沢山な人から褒められても、ヴァイオレットの中は変わらない。
ずっと少佐の事を考えて生きてきて…彼が伝えた「あいしてる」の意味も分かるようになってきて…そんな彼女に伝わられたギルベルトが生きているかもしれないという情報。

なんとなく少佐は生きてるんじゃないかなって思ってたのでそのあたりはあまり驚きませんでしたがそれを知ったヴァイオレットが凄く喜んで…だけど最初になんて話したらいいのだろうかって悩んで、いつも冷静なヴァイオレットが取り乱す程に動揺して…。
そんなヴァイオレットを見てきたからこそ、一緒にギルベルトに会いに行ったクラウディアがギルベルトに「馬鹿野郎!」って叫ぶシーンは本当にぶわっときましたね。

間に挟んだ病気で長くないユリスという男の子の手紙の依頼も、ヴァイオレットとギルベルトの2人の関係に寄ってるような感じがして…あと兄弟の部分はギルベルトとディートフリートの関係も。
個人的にユリスのとあるシーンが本当に本当にダメで…あれでもう涙だらだらでした。

そして個人的に劇場版で株があがったディートフリート。
彼のヴァイオレットへのデレ加減が凄く好きでした。傷をなめ合う同士で恋には発展しそうでしなさそうな雰囲気を出してた2人ですが、もしギルベルトが生きていなかったら…そんな未来もあったのかな?とか今回初めて思っちゃいましたね。
ヴァイオレットにその気はなくてもディートフリートは少しヴァイオレットを気に入ったようにも見えました。

そして少佐…ギルベルト。
本当に大馬鹿野郎ですよ!!ヴァイオレットがずっと待ってるのを知ってるからこそ、ヴァイオレットには彼がいないと分かってるからこそ、ギルベルトが会わないって言った時は「お前!!!!」ってなりましたが、ギルベルトもヴァイオレットには幸せになって欲しいその一心だったんですよね。
最後に見たヴァイオレットがあの状態だったから…自分が傍にいたら幸せを、自動手記人形として一人前に頑張ってるヴァイオレットの側にいられないと思ってたのかな。

最後にギルベルトの背中を押してくれたディートフリート。
兄だからこそ弟を説得できた…そう思ってます。あの後のギルベルトが走り出し、ヴァイオレットの名を呼び…それにヴァイオレットが気付きヴァイオレットが海に飛び込み…ようやく再会できたシーンは本当に本当に…涙が止まりませんでした。
ギルベルトが告げた「あいしてる」に、ヴァイオレットは泣きじゃくって…感情を剥き出しにし今まで見せなかったくらい泣きじゃくります。あんなに人形と言われた彼女が…ギルベルトへ返事が出来ない程泣き続けるのです。こんなの泣くしかないじゃないですか…。そんなヴァイオレットを抱きしめるギルベルトにまた涙…。
ヴァイオレットが最後に愛する人に出した手紙が舞う中…ようやく再会できた…ようやく人形から人間に、ひとりの女の子になれたんだね、と。

ギルベルトがディートフリートによって生きる道しるべを見つけたシーンで流れたアニメ版EDの茅原実里さんの「みちしるべ」で鳥肌がやばかったですね。この曲はこのシーンのためにあったんだなと。




この作品を通してヴァイオレットが探してた「あいしてる」の意味。
最初は分からなかったその意味が、ヴァイオレットが経験した沢山の事を通して、その意味は凄く尊い事…大切な事。そしてその意味を本当に理解した時にギルベルトから言われた「あいしてる」。
本当に、本当によかったね、ヴァイオレットちゃん。

「あいしてる」って素敵な言葉だなと改めて思いました。
家族に対して、恋人に対して、友達に対して…沢山の「あいしてる」の意味はあると思います。
このヴァイオレット・エヴァーガーデンで「あいしてる」の尊さを改めて知れたと思います。

本当に素敵な、素晴らしい作品をありがとうございます。
EDのスタッフロールでまた泣きました…京都アニメーションさんにはこれからも沢山の作品を生み出していってほしいな、と心からそう思いましたね。ずっと応援していますので!


以上劇場版 ヴァイオレット・エヴァ―ガーデンを観に行ったよ!な感想記事でした。
素敵な作品でした…もう一回観に行きたいですね。


小さな夢を乗せた手紙を あなたの未来へと――

フルーツバスケット 2nd Season 24話「真知がいた」の感想です。


時も流れて大晦日。
由希くんの成長も凄く垣間見えましたね。
彼自身が段々と草摩の中に自ら入って頑張ろうとしている姿に泣きそうになりましたね。

そして真知…!真知!!幸せになって!!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。続きを読む

このページのトップヘ