白と黒のアリス for Nintendo Switch ネロの感想です。


ろろあり3周目はネロ。
愛日梨ちゃん主人公では2人目。
最初見た目的にと中の人的にかなり気になってたのがネロくんで、ミネットが結構重かったので癒してもらおうと思ったらもっと重くてびっくりしたという…懐かしいです。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*白と黒のアリス*

*ネロ
CV.下野紘

IMG_0128
「退屈そうだな。俺が連れ出してやろうか?」
城に出入りする商人の青年。
楽しいことや面白いことが大好きで、細かいことや難しいことは苦手。
帽子屋のカノンとは仲良しで、よく一緒にいる。


*三月うさぎ

黒の世界に無理矢理連れて来られてしまい落ち込み気味だった愛日梨。
そんな愛日梨を気にかけて、部屋に遊びに来て話し相手になってくれたネロ。
いつしか愛日梨はネロが遊びに来てくれる日を待ちわびるようになり、唯一の支えになっていきます。

女王の仕事で嫌な事がありやはり白の世界に帰りたいと願った愛日梨にある日ネロは言います、白の世界に帰ろうと。
愛日梨を城から連れ出し、お尋ね者になってしまったネロ…そんなネロは商人仲間であるアサギを頼る事に。城の追ってから隠れるようにアサギの家で過ごす2人…しかし愛日梨が知らない所で色々な人や事が動き出していました。

実はここまで全てがネロとアサギの作戦だったのです。
アサギの狙いは「アリス」の血。女王階級制度を失くす目的で動いていたのでした。そしてネロはそんなアサギの部下のような存在…彼には逆らえず、ずっとアサギの命令を聞いて動いていたのだと。
しかし白の世界に帰してくれるという言葉を信じて、愛日梨は言われた通りに血を渡し、白の世界に帰れる日を待ちます。
アサギの作戦通り、愛日梨とネロは白の世界に行くことになるのですが…白の世界に行く前に愛日梨はネロの本当の姿…今まで愛日梨に隠していた姿を見る事になってしまいます。

ネロの隠していた本当の姿…それは処刑人。
ネロの両親は女王直属の処刑人として人を殺す事を仕事にしていて、そんな一族のせいか黒の世界の住人からは疎まれていた存在でした。ずっと妹のミアと2人きりで精一杯生きていたのだ、と。

病で倒れたミアを助けてほしいとネロが頼ったのがアサギであり、そんなミアを助けるから自分の言う事を聞けと言われずっとアサギに従い続け、人を殺していたのだと。
自分が人を殺していた所を愛日梨に知られてしまったネロは、白の世界に戻った後、記憶を封印させ、愛日梨に優しい世界に閉じ込めていました。本当は愛日梨を助けてあげたいけど、妹を見捨てられないネロの迷い…ここが本当に辛かった。

白の世界の学生生活を送るネロと愛日梨はほのぼのしてて凄くよかったのですが、やっぱりそんな楽しい時間は長く続くわけがなく…結局愛日梨とネロは黒の世界に戻ってきてしまいます。
そしてネロはアサギ達によって城を追われたレインにより衝撃の事実を知る事になります、ミアはもうとっくの昔に亡くなっているのだ、と。

ネロのストーリーは本当に最初から最後まで重くて…。ネロが最初優しくしてくれたのもただただアサギの命令なんだと思うとそれも凄く悲しくて…。愛日梨と白の世界で楽しく過ごす内にネロにとっての愛日梨が大きくなっていったんでしょうね。
アサギVSネロの展開もよかったし、黒の世界のENDでは処刑人という職業はなくなって、レイン達と同じように女王の側近になる事ができて本当によかったなと。
更に白の世界ENDではネロが背負ってきた罪を贖罪するチャンスが訪れた訳で…ネロにとってはEND2つとも凄くいいハッピーエンドでお気に入りでした。
IMG_0126




*白と黒のアリス -Twilight line-*
IMG_0129
「ははっ!なにそれ、すげー可愛い。逃げることないのに」

*Lover's Day 白エンディング
ネロが贖罪の旅から戻って一年、主人公とネロは忙しく、なかなか会えない日々を過ごしていた。
そんなある日、ネロが働くカフェに主人公とカノンが遊びに行くことに。
そこでカノンは二人からある話を聞く。


白の世界に戻ってネロが贖罪の旅に出て数年後、帰ってきたネロと一緒に過ごすようになってから1年後のお話。お茶好きが役に立ちカフェで働くネロですがお互いに遠慮してしまっているそんな初々しい2人のお話でした。
相変わらずカノンがネロに関しては凄く手助けしてくれていい友達だなぁと!
ネロの白エンディングアフターはほのぼのした感じで、後半は水族館デートを楽しめるお話でした。
ただただ2人でデートする様子が可愛かったです…!!


*Lover's Day 黒エンディング
新米女王として執務をこなす日々を過ごす主人公。
そしてネロも側近見習いとして慣れない仕事を一生懸命こなしていた。
しかし失敗続きのネロは明るく振る舞いつつも気にしている様子で……。


女王の側近見習いになったネロと新米女王になった愛日梨が奮闘するお話。
失敗続きで無理してしまっているネロを心配する愛日梨…しかしネロは愛日梨に気付かれないように無理をし続けますが、愛日梨はどんどん気にしてしまいます。
まるで…昔のアサギに命令されていた頃に近い感じがする、と。
愛日梨がネロの背負っているものを少し軽くしてあげるお話でした。無理してしまうネロも分かるのですが一人で背負わないで、今はネロの周りにはネロを助けようとしてくれる仲間達や愛日梨達がいるんだよ、と。そうネロが気付くお話でしたね。
IMG_0127
以上ネロでした。
個人的にビジュアルはネロ凄く好きなんです、白の世界Verのネロが!
だからこそ話が重いのはかなり驚いたなぁと…通り魔の犯人っていうのもここに繋がってるのかってのもありましたね。

次は帽子屋のカノンの予定です。