時計仕掛けのアポカリプス リアン・イェブラムの感想です。


バッドエンドから始まる物語。

時アポ2周目は大人組であるリアンさんです。
個人的には最初の印象からガラリと攻略してからイメージが変わったキャラでした。
ラチアとリアンの関係が凄く好きですね、この2人可愛い…!!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。


*リアン・イェブラム
CV.細谷佳正

IMG_9487
「はは。ピアノの音が気になったんだろ?珍しいからな、ピアノがある家は」
バーでピアノを弾くピアニスト。
大体のことは何でもできてしまう器用な人物。
大人の余裕があるが、どことなく影を感じる。



主人公・ラチアが住む街のピアニスト。
2人の出会いは街で聞こえてきたピアノの音につられて行ったバーでそれを弾いていたのがリアンでした。大人な雰囲気を出して優しいリアン…そしてルチアに対しては妹のように可愛がってくれる、そんな関係な2人でした。しかし本来は臆病で人に嫌われたくなくて皆に優しく立ち回ってる人ですね。
ピアニストなのですがいつも物悲しい曲を弾いていて…それはリアンの過去に大きく関わっていた訳で。

最初のバッドエンドになった世界で、ラチアは時計台でパイプオルガンを弾きながら死んでいったリアン。
その何故時計台でリアンはオルガンを弾いていたのか…そんな謎が残りつつ、ラチアは時間を遡り街の火事の原因などを調べながら未来を変えるように頑張りますが、結局はリアンは時計台でオルガンを弾きながら死んでしまう…。
そんな彼を助けるためにラチアは時空をまた遡ります。


リアンルートはリアンがパイプオルガンを弾く事を止めて、彼が生きる未来を掴みとるためにやり直していきます。
あのパイプオルガンを弾くと街に火がつき大きな火災になってしまうのだと…あの火災はリアンが引き起こしていたという訳ですね。何故あのオルガンをリアンは弾いたのか…そこもリアンが生きる未来で大きく関わってきます。

リアンに接近するためにピアノを教えてほしいとラチアが頼みに行き、その結果ピアノを教えてもらいほぼ毎日ピアノ教室をする事になります。毎日リアンと接する事でリアンの事をどんどん知っていく事になります。
リアンの両親や妹はハイドラ病ですでに亡くなっている事…そしてその死から立ち直った直後に今度はリアンの親友だったリトもハイドラ病で亡くなってしまった事。
そんな辛い事ばかりを経験していたリアン…自分に関わると皆死んでしまう。
そんな過去があった事もあり、本音を隠しながらまるで仮面をかぶって本性が見れないように振る舞わっていたと。

ラチアが調べていくと、あのオルガンにはクアトも大きく関わっていました。
というかこの街はルデルルート同様、街の権力者の人達の陰謀が闇深い。
何故権力者がこんなに裏で色々犯罪を起こしているのかそれもやっぱり気になりますね…他ルートで真相が明らかになっていくのかな?

未来を変えるためにリアンに強引に接しようとするラチア。
3回目のループではラチアに対しリアンが凄く大切にしてくれていい感じに進んでいったのですが、結局はリアンはまたオルガンを弾き死んでしまいます。リアンが何かしら真実を知り、未来を生きる気力を失いオルガンを弾いてしまうのが彼の行き着く未来になる訳で。
4回目のループにてリアンと接していき、この先の未来でオルガンを弾き街が火事になり、リアンも死んでしまう事をすべて打ち明けたラチア。
3回目のリアンの死でリアンから裏切られた事でラチアは相当怒ってたみたいでしたが、それが無理矢理にでもリアンにオルガンを弾かせないために動いたのかなって。
そんなラチアに惹かれていくリアン…このラチアがリアンが引っ張っていく感じが好きですね。

そして明らかになる真実。
リトの死もリアンの両親や妹の死も全てこの街の陰謀だった訳だと。
ハイドラ病なのではなく殺されてしまった…この街の為だと自分勝手な権力者の手によって。
クアトはそのリトの死にも少し関わっていて、それを後悔していたようで…リアンに対しそれもあってピアノをいつも聞きに来ていたりしていたのだと。
クアトも色々あるみたいだし気になりますね。

この街の真相を知ってしまったラチアとリアンは権力者によって狙われてしまう…しかしクアトの提案で地上に逃げる事になり、ラチアとリアンは上層に取り敢えず逃げる事に。
真相を知り生きる気力を失っていたリアン…そんなリアンを支えながらラチアは上層で暮らしますが、そんな中街が火事になっているという事を知らされます。
その火事は住人を地上に逃がすためにクアトが起こしたものであり、そんな中ラチア達に立ちふさがったのはカルセドでした。


リアンルートはこの街の権力者の闇や、クアトの一族が何をやっていたのかとかそしてハイドラ病は地上の空気で感染する病ではないという事などが分かったルートでしたね。
リアンがピアノを弾く理由、リトとの後悔の話…本当に辛くて。リアンが絶望し死のうとするのも分かってしまうくらいにリアンが辛くて…。
そんな中に出逢ってリアンの全てを知っても彼を引っ張ってくれるラチアはリアンにとって凄く大切な存在になっていったんだなあと。
最初の憧れのお兄さんって感じのラチアのイメージが、めんどくさいけど私がリアンさんを救ってあげなきゃって印象に変わっていく関係が凄くよかったです。

エンディングは2人は地上へ向かい、幸せに暮らすというもの。
後日談では材料を見つけてピアノを作り上げていましたが地上でピアノ作るの凄いですね…!
弾いてほしい曲はある?と聞かれ何度も一緒に練習した「雨だれ」をラチアはリクエストしリアンは弾いてくれます。リアンが幸せそうにピアノを弾いてくれるだけで本当によかった…幸せになってね。
IMG_9488
以上リアンさんでした。
細谷さんの乙女ゲーム久しぶりだったのですがリアンの喋り方とか凄く好きでしたね。
大人だけど過去に縛られて臆病になってしまってる…未来を見据えてるルデルともちょっと対称なのかな?と感じたり。
次はクアトさん予定です。