美少女戦士セーラームーンEternal <後編>
公開おめでとうございます!!

んでもって我慢しきれず観てきました!!
前編からずっと後編を観るのを楽しみにしてまして…!!
私は原作は読んでないので驚きの展開ばっかりで、セーラームーンを初見で観たような感動を覚えましたね。あとやっぱり話が難しい…これ当時の女児は原作読んで理解できたの??

私は当時は全然話を理解できてなくて、最近再放送とかで観てやっと話が理解できた身なのですが、本当に夢とロマンが詰まった美しい作品だなと。

あと当時はあまり好きじゃなかったうさぎちゃん。(すみません)
アニメはドジっ子な部分が大きく出てたうさぎちゃんですが、原作は本当に素敵な女の子で…これは本当にプリンセスだよね、と。
三石さんだけ声優さんは変わらなかったのですが、年月が経ち、三石さんの声質も当然変わる訳で。
しかし今回はその三石さんの声が綺麗で美しく皆を包みこむ今回の劇場版のうさぎちゃんにぴったりで…ドジな部分は一切今回は観れなかった分、三石さん続投は本当にいい判断だったなと改めて思いました。今になってうさぎちゃんを凄く好きになった…そんな劇場版でしたね。


▽以下ネタバレ感想含みますので注意してくださいね。
*美少女戦士セーラームーンEternal <後編>

前編の続きで、ヴィーナス達が絶体絶命の時間軸から始まります。
しかしその前に…はるかさん、みちるさん、せつなさん、ほたるちゃんがいきなり登場!!

あれから平凡な生活を送っていた4人。
ほたるちゃんを育てながら平和な毎日を過ごしていたのですがここの日常パートに癒されましたね。
とにかくほたるちゃんと一緒に過ごす毎日が愛おしい3人。
しかしほたるちゃんの成長が急に早まり…3人は何かしらの危機が迫っているのではないかと危惧しますが、ほたるちゃんが完全に覚醒し、うさぎと衛の危機を察知し、4人は自分の使命を思い出し、ヴィーナス達の元に駆けつけます。
ここでついにほたるちゃんの変身シーンが解禁!旧アニメではほたるちゃんの変身シーンなかったですからね…ここだけでもう感動しました。ほたるちゃんよかったね!!

どうやら衛と同じ呪いに侵されているうさぎとそんなうさぎを心配するちびうさがはるかさん達が合流した事を察知。ちびうさと、そして途中で衛と合流したうさぎは敵のアジト…デッド・ムーンサーカス団へ向かいます。

そしてここでセーラー戦士10人勢ぞろい!!

ここ本当に嬉しかったし、ほたるちゃんと再会できて凄く嬉しそうなちびうさもよかったね…とほろりとしちゃいました。ほたるちゃんもちびうさと一緒に戦いたかったと…そう言ってるのがね。


前編の時も言いましたが私はアニメシリーズではこのSuperSが一番大好きで…再放送も観たし当時録画したものを何回も繰り返し観てました。
しかし私が知ってる物語とは全然違って…敵とかラスボスとかは一緒なんですがより一層セーラームーンの世界観が観れる映画だったかなと。
ネヘレニアが生まれたきっかけ、ここの過去のシーンとかも前世内部戦士の幼いVerとかも出てたし可愛いなぁと思いつつ、ネヘレニアがネオ・クイーン・セレニティに恨みを持ち呪いを放った理由が眠り姫!?とか驚きつつ…ここのシーン大好きですね。
あとちっちゃいうさぎとちっちゃい衛の同居生活の夢とか…可愛い!!

そしてちびうさとエリオスの恋。
エリオスが天啓を受けた乙女が出てきましたが、はい、プリンス・レディ・セレニティは未来のちびうさだったという訳で!!!!
プリンス・レディ・セレニティの姿もアニメでは初なんですよね…!!??
力を使い果たし息絶えたエリオス救ったのは…ちびうさのキス。
そして生き返ったエリオスが見たのはあの時のプリンセス・レディ・セレニティの面影が見えるちびうさ…これはやっぱり恋に落ちるしかありませんね!!
全てが終わった後でぺガサスに乗りエリオスが元の人間が暮らす地上に案内してくれるのですが…ここのエリオスがちびうさの言った通り白馬の王子様…!!
遠い未来、ちびうさが夢を叶え、立派なレディになった時…2人は再会できるでしょうね。
というかこの2人には本当に結ばれてほしいんだ!!

そしてやっぱり見どころNo.1のエターナル化!!
ここの一気に変身していく、そして最終決戦までの流れが本当に熱かったです。
内部、外部戦士達が全員でセーラームーンに力を託し…そしてエターナルセーラームーンが生まれます。その姿はまるで、ネオ・クイーン・セレニティのまま。
FullSizeRender
そんなみんながエターナル化していく時に流れた最近発売されたキャラソン集に収録されている10戦士全員が歌う曲。これが本当にいい味出してました…!!
帰ってからずっとこれを聞いてる始末…前のシリーズも含め、セーラー戦士全員で歌った曲ははじめてじゃないかな?この曲大好きです!!

公式では少しだけ歌い分け動画も出てましたので是非!

んでんで…敵として描かれたアマゾネス・カルテット。
旧アニメではそんな事なかったのに、完全な味方に…!!これも原作未読としてはかなり驚きました。
ちなみにアマゾネス・カルテットは本当はちびムーンに遠い未来仕えるちびムーンのセーラー戦士だった事も判明…ちびうさが凄く嬉しそうなのが本当に印象的でしたね。これでうさぎに一歩近づけたね。



人は誰も光、闇を持つ。闇にもまれてしまうそんな時もあるでしょう…。
しかし心に宿る星を忘れずに生きていれば…きっと大丈夫、闇にも負けずに前を向いて歩ける。

終わった後To Be Continuedと出ていましまたし、もしかしたらセーラスターズ篇の話をアニメに…?
ずっと待ってます、やはりそのシリーズも大好きだったので!!
今回のスタッフで出来たらいいな、ずっと待ってますね!!

以上、セーラームーンの劇場版の後編感想でした!!
いつまでたってもセーラームーンは憧れ…そう強く思ったのでした。