大正×対称アリス all in one シンデレラと赤ずきんの感想です。


あの名作「大正×対称アリス」がSwitchに移植!!
Vita版は途中でプレイが止まってしまってたので改めてプレイし始めました。

やっぱり面白いですね、プレイしててグンと引き込まれるストーリー…本当に名作だと思います。
相変わらずアリスくんが可愛い…アリスくん攻略まで頑張ります!!

今回はシンデレラさんと赤ずきんさんの感想です。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*シンデレラ
CV.平川大輔

t_alice_ti01
「パーティー費用を出したのは誰だ?この家の持ち主は誰だ?オレだろ?オレ様のものだ。つまり、オレ様イズルール!」
現実主義なシンデレラ
成り上がりのどら息子。
態度は尊大で、金の力で何でも解決できると思っている。
住居兼喫茶店のオーナーだが、日がな一日遊び呆けており、店は弟たちに任せきり。だが、内面は硝子細工のように繊細である。

ーあらすじー
ある日、シンデレラとの縁談が持ち上がったヒロインは、彼の姿を実際に見てみたいということで、使用人であるかぐやと共に、シンデレラが経営しているという喫茶店に向かいました。

ですが、喫茶店はパーティの真っ只中で、とても様子を窺える状況ではありません。
なんとか、シンデレラの姿を探そうと窓の外から覗いていると、シンデレラの弟である白雪に見つかってしまい、店の厨房へと通されてしまいました。
更にはそこに泥酔状態のシンデレラが登場し、何故か喫茶店に住み込みで働くことに……。

こうして、思わぬ同居生活がスタートしてしまったヒロインとシンデレラ。
さてさて、このお話はどうなってしまうのでしょうか?


この世界での設定はシンデレラはヒロイン・百合花の婚約者。
突然きまったその縁談に百合花はその相手であるシンデレラとはどういう人物なのか、それを調べるために婚約者という身分を隠してシンデレラの元へ…。
そして話の流れから、シンデレラが営む喫茶店で住み込みで働く事になります。

最初のイメージのシンデレラがですね…本当に金持ちのお坊ちゃまでわがままし放題。
そんな彼が少々苦手で。そんなシンデレラに対して強気に接していく百合花ちゃんが見てて楽しかったです。
貧乏人と何度言われようが気にもしないで、彼の営む気のなかった喫茶店を世界一の喫茶店にしようと張り切り、その案にのりシンデレラも真剣に働くようになり…百合花ちゃんマジヒロイン。
彼女が来た事でシンデレラ達が変わってまともに喫茶店を営むようになるくだりが好きですね、牛耳られてる!と。

そんな百合花ちゃんと接する内にシンデレラさんも変わっていきます。
ツンツンしててプライドの塊のような強気な人が、百合花に対し優しくなっていく…彼女はいらないと思っているようですがプレゼントを用意したり…でもその優しさが彼のデレだと思ってたらそんな事はなくて、そんな甘い展開ではなかったと。これは驚きました。

シンデレラが持ってた闇…彼が背負っている心の闇が思った以上に辛くて。
灰かぶりの意味。シンデレラと言えば灰かぶりですが、心が灰色になったという意味がこのシンデレラでは強かったんですね。
それに…やっぱりシンデレラの話を知っていたら想像つくような…展開。
元お金持ちっていうのも予想ついてたんですがそれが理由で彼が負った過去がね…精神病なんでしょうがそこまで追い詰められたなんだなと思うと辛いものがありました。

彼の背負ったものを彼自身が一人で背負うため、百合花と別れたシンデレラ。しかしヒロイン・百合花ちゃんは諦めません!彼が残したガラスの靴を手に、奇跡を信じて、彼を迎えにいきます。これはほんと王子様ですね百合花ちゃん。
ここのシーンでのシンデレラといえばカボチャの馬車とか出てきたシーンはワクワクが止まりませんでした。

シンデレラさんとしては百合花ちゃんを守るために彼女に幸せになってほしいために去ったのに、百合花ちゃんは諦めません。そんな女の子じゃありません。シンデレラさんを手に入れるためにはどんな手段も選ばない。
百合花ちゃんの行動力に脱帽です。離れていった白雪、グレーテルも帰ってきたし、シンデレラもかたっぽのガラスの靴をもって帰ってきてくれた。二人だけの小さな結婚式、よかったです。やはりシンデレラといえばガラスの靴、ですもんね。
二人で借金を返し、幸せな暮らしを…でも二人ならそんな生活でも幸せに暮らしていけるでしょうね。
優しくなったシンデレラさんほんと好きです。あと拗ねるような立ち絵イラストが凄く好きでしたね、あの表情たまりませんでした…!!
IMG_8429




*赤ずきん
CV.前野智昭
t_alice_ti02
「私がここにいるからには貴方に指一本触れさせません。なので、今日から貴方を二十四時間監視させていただきます」
クールな一匹狼
常に厳しい表情をした警察官。
トレードマークの赤いずきんを常時被っている。
冷静沈着に振る舞っているが、ふとした瞬間に崩れることも。
本人曰く女嫌い。


ーあらすじー
ある日、ヒロインの元に届いた手紙。
それは、謎の人物である“狼”から届いた脅迫状でした。
警察官である赤ずきんは、ヒロインが一人で住んでいる洋館にやってくると、二十四時間付きっ切りで警護しますと言い出しました。

こうして守り守られの共同生活が始まったわけですが、赤ずきんは、職務以外ではリアクションが皆無の堅物で、食事も風呂も必要ないと言い出す始末。
どうにかして赤ずきんと会話をしたいヒロインですが、中々上手くいきません。

さてさて、そんな二人の関係は今後どうなっていくのでしょうか?
そして“狼”の正体とその目的とは一体何なのでしょうか?


物語の始まりは、ヒロイン・百合花ちゃんの元に狼からの脅迫状が届くところから始まります。
己の罪を認めろ。百合花を責めるような脅迫状に恐怖を感じた百合花は警察官を呼びます。そこにやってきた警察官は赤いずきんをかぶり、クールで冷めているような青年でした。
そんな赤ずきんに狼からの護衛を頼む事になった百合花。しかし彼は職務に忠実すぎるのか、堅すぎて百合花の脱残にも付き合わない始末。さらには二十四時間ずっとつきっきり。寝るときまで一緒…凄い護衛心です。

そんな赤ずきんと話したい百合花はなんとかして赤ずきんと会話しようとしますが、彼から逃げられちゃう始末。
何故逃げるのか、真面目なだけなのか…そう考えていたらとある百合花の積極的なイベントによって明らかになる事実…赤ずきんは女性が苦手だった!
というか女性に面識がないんだね、この本性が表れるシーンがものすごく好きですね。
ずっと無表情だった彼が急に声をあげて百合花から離れていくシーンとか、真っ赤になってすぐ鼻血出しちゃうシーンとか。女性嫌いというか面識がないタイプですね。そこがまたよい。
IMG_8431
それが赤ずきんでかなり萌えたポイントでした。本当にこれは可愛かった!

そんな赤ずきんとの同居生活。
それがずっと続くはずもなく。彼の過去とそして狼の正体が徐々に明らかになります。
物語を進めるうちに分かっていく真実。赤ずきんの過去の話も徐々に挟まっていき…そして明らかになるのですが…これにはかなり驚きました。
いや、なんとなく分かってたんですが、答え合わせには驚きましたね。
過去の話から、なんとなく予想してましたが…赤ずきんは狼だったっと。あの赤ずきんの下は耳があるとは想像もしてなかったですね。もう衝撃でした…!!
百合花の部屋を荒らしたのも彼で、最初は人質みたいな感じだったんでしょうがだんだんと百合花が好きになっていったと。

赤ずきんがずっと背負っていて自分を責め続けていた彼の罪。
自分を追い詰めて追い詰めて…その結果、百合花に救われた。王子様を救うのがこの話の物語ですからね。
誰も彼を責めてなかったわけで、なんにせよ赤ずきんに幸せになってもらいたかった。救われて欲しかった。
そんなオオカミくん達の気持ちに感動でしたね。
そして百合花ちゃんの事については更に驚きました。まさか最初から知っていたとは。
しかしそれを知って納得しました、そうなんだよな。あんな脅迫状きてるのに赤ずきんの事が気になって、恐怖のかけらも出さずにいたのも真実を知ってたからだったんだろうなと。プレイヤーも見事騙されました、私だけかもですが…。

赤ずきんが大好きな百合花ちゃん。彼に告白し、それを緊張で返す事が出来ない赤ずきん。
でも百合花ちゃんがしびれをきらして積極的なのもよかったですね。そのたびに真っ赤になって鼻血出しちゃうところがほんと赤ずきん可愛いです。
そしてENDではやっとカーネーションの花を渡しながら告白。赤ずきん、頑張ったね。
赤ずきんがノックアウトされる今までの展開とは違い百合花ちゃんが赤ずきんからノックアウトされる最後のオチ、大好きですね。最高でした!
IMG_8430



以上シンデレラと赤ずきんの感想でした!
久しぶりにプレイしましたが赤ずきんルートで完全に忘れてて真相にまた衝撃でしたね(笑)。
しかしながら相変わらず赤ずきんが好きすぎて…!!

さて次はかぐやさんとグレーテルくんの感想予定です。