遙かなる時空の中で7 真田幸村の感想です。


遙か7、攻略8人目…ラストは幸村さん。
青龍だし、この幸村さんが遙か7の大きなキーとなる感じが発売前から感じていたので、彼は最後に攻略しようとずっと思ってました。
その結果、その判断は間違ってなかったようでした!
幸村ルートは是非に、最後にクリアしてください…!!

そんな幸村ルート…大泣きしながらプレイしてました。
さすがコーエー…戦国時代はやはりコーエーのお得意分野でしたね、それもあり最高なシナリオだったと思います。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*真田幸村
CV.寺島拓篤

IMG_5277
義にあつく情にもろい永遠のヒーロー
強きをくじき弱きを助ける、心優しい青年武将。
家族や友人との絆を大切にしており、戦乱の中でも家族との
穏やかな暮らしを心ではいつも願っている。
温和な性格だが、戦場では果断で勇猛果敢。
子供の頃は人質として各地を転々としていた。
迷い込んだ現代で、怨霊に襲われている主人公を助ける。


八葉としての立場は天の青龍。
七緒がこの異世界に関わるきっかけになった人物で、現代に迷いこんできた異世界の人達の中で一番最初に出会ったのがこの幸村さんでした。
優しく、穏やかな性格なのが印象的で、家族の事を何よりも考えてる武将で、七緒の事は「姫」と呼び慕ってくれています。


*永遠の恋人
出会いは現代に幸村が迷い込んできた事がきっかけで、七緒を一目見た時から気に入ってくれて七緒の事を「」と呼び慕ってくれます。
心優しい青年ですが、実は昔はやんちゃをしていたようで…キレるとその昔のヤンチャ時代が出てきてしまう事も。このキレた状態…好きだったし立ち絵もあったのにあまり出番がなかったのは残念でしたね、幸村ルートでいっぱい出てくれると思ってたので…。

そんな幸村は誰よりも家族想い。
将来は大切な家族と幸せに暮らしたい…それが幸村の夢でした。
幸村が人質として離れている時に徳川側の陰謀に巻き込まれ亡くした弟の事を、いつも想い、墓参りも暇があれば行くほど…それだけ幸村の中で家族というのは大きな存在だったのです。

七緒の現代に行った時に、美しく咲く花を見て…幸村にその花の種をあげようとする七緒。しかし幸村はそれを植えても自分はいつ死ぬか分からぬ身…花が咲いてるのを見れないかもしれないとそれを断ってしまいます。
そんな所からも分かるように、幸村は戦で皆が悲しい想いをするのを誰よりも悲しんでおり、そんな戦は終わらない…と思っているようで。
後にその花の種を幸村は受け取り、とある所に植えるのですがこれがまた…。

七緒の兄を封印した時、血の繋がりがあった兄が怨霊になってしまった…そんな兄を封印してしまったと泣く七緒を励ましてくれた幸村…。ここの幸村のシーンが本当に大好きですね。

龍穴が閉じてしまい、現代に帰れなくなってしまった七緒達は幸村の誘いで真田の庄に身を寄せる事になります。岐阜城にはいかずに幸村にくっついていくのか!と驚きましたね。
IMG_5270
幸村の故郷の地で穏やかな生活を過ごす七緒達。
そこで久しぶりな信幸との再会などもありました。
お気に入りだったのは、序盤で幸村が七緒にプレゼントした反物。それを着物にして、七緒に贈ろうとする幸村についに七緒は負けて、その着物を受け取る事に。
七緒が着た着物姿…凄く可愛かったですね。幸村も凄く可愛いと思っていたようで…絵に残したいという幸村に七緒は写真を撮って思い出を残そうと提案します。
ここで現代から持ってきたスマホの出番!写真を信幸に撮ってもらいますが…凄くいい写真になってましたね。この写真がまた後に出てきて泣かす事になるとは…。
んでもってここの真田兄弟のやり取りが凄く好きです。

そんな中起きた、あの時以来久しぶりの怨霊騒ぎ。
しかもそれはカピタンの仕業であり、七緒達は八葉で皆集まり、その怨霊騒ぎを解決しようとします。
カピタンのやってる事が本当に悪辣非道…一般の人を軟禁して生気を奪って怨霊を作りだしたり…カピタンは石田三成に取り入ろうとしていましたが、幸村と七緒のおかげで間一髪で助かりましたが、カピタンは逃がしてしまいます。
ここのカピタンさえ…捕まえてしまえれば…。
この騒ぎをきっかけに幸村は三成に、とある約束をします。この約束もまた…ね。

そんな怨霊騒ぎも終わり、八葉もそれぞれの居場所に戻っていき、七緒もまた幸村と一緒に過ごしますが…段々と真田家は戦に巻き込まれていきます。
石田軍側に味方している真田軍は、徳川軍と戦いますが、幸村は作戦を駆使し、勝どきをあげていきます。
そんな中、信幸が徳川側につき、幸村はそんな信幸と喧嘩したり…でも信幸は真田の事を思って徳川側についたんですよね、どちらが負けても真田が生き残れるように…。
これもある意味家族を守る方法…ですよね。
そんな中やっぱりあった幸村VS信幸は凄く辛かった…。
怨霊が出たおかげでこの戦いは曖昧になってしまいましたが、兄弟が命を懸けて戦うっていうのは本当に辛いですよね。

それと同時に…どんどんと体調が悪くなっていく七緒。
戦場に出る怨霊を封印していく七緒ですが、封印するだけで倒れかけたりするようになってしまうようになっていきます。そんな七緒を心配する幸村…そして他の八葉も。
五月は何かを察して戦の前にどこかを訪れていたようですが…五月はもう気付いてたんですね。

そして関ヶ原の戦いが終わり、真田は敗軍となってしまいます。
敗軍として徳川側に出向く幸村を追いかけていった七緒ですが、そこでいきなり怨霊が出現。
そんな怨霊から守ったのは…七緒が呼んだ白龍だったようで…。

倒れてしまった七緒が目を覚まし、白龍が現れたという事を幸村から聞いた七緒。しかしそれを話す幸村は…何か様子がおかしくて…。
敗軍の罰として高野山配流を命じらた真田家。それに七緒達もついて行くことに。
しかしどんどんと七緒の体調は悪化していき歩く事もままならない状態に…。

高野山に向かう途中の宿にてそんな七緒に幸村は告げます、あの時白龍が現れた訳ではない、七緒が白龍になって怨霊を浄化して恵みの雨を降らしてくれたのだ、と。
IMG_5271
そんな幸村は七緒に家族になってほしい、と告白。
七緒が龍神の神子として使命を果たす事をどれだけ大事に思ってる事も分かってる、それを含めそんな七緒が好きだから家族になりたいのだ、と。ここの告白シーン大好きでしたね。

高野山についた七緒は龍神が呪われている所を夢に見ます。
龍神を呪おうとしているのがカピタンだと分かった七緒はカピタンを止めるために龍神が住むという心柱へ向かう事を決意します。そして八葉の皆にも自分の正体が龍神だという事を明かし、準備の為、そして離れている八葉と合流するために一度現代へ戻る事になります。

現代で八葉皆がそろった後…詳しく自分の正体の事を話した七緒。
ここの大和に本当に泣きそうになりました…七緒が助かる確率は少ない、という事を知って皆動揺してたのですが大和がね…。
IMG_5272
最後の闘いの前…幸村からの告白を答えを返す七緒。
告白の返しがあなたと家族になりたい。っていうのが本当に素敵ですよね。

そして迎えた最終決戦…心柱の中に入り込み黒龍に呪詛をつけ、心柱を壊そうとしていたカピタンを七緒達はついに止めて、勝利をおさめますが…心柱が崩れそうになっていました。
IMG_5273
七緒は白龍の姿に戻り、皆を、日の本を守る事を決意。
そんな七緒を笑って送り出す幸村…七緒の意志を尊重し、寂しいけれど別れを受け入れる…彼は本当に強い人ですよね。
こうして七緒は白龍となり、幸村と別れをつげて…心柱は守られ周りには龍神の恵みの雨が降り注がれてしました。幸村はまだやる事がある…やる事が終われば七緒と再会できる事を祈って。


幸村ルートはどちらかというと青龍の表のルートって感じでしたね。五月は裏ルート。
青龍で対称になってる感じがこれまたいいシナリオだったなぁと。
五月はどうしても七緒を人間のまま失いたくないと思い、幸村は七緒がやりたいと思う事を尊重してくれて七緒の背中を押してくれる…譲れないものがある事を分かっている幸村だからこそ、七緒と離れるのは寂しいけど七緒の事を一番に尊重してくれるんだな、とそう思いました。

驚きなのが関ヶ原の戦いが終わった後も、幸村の闘いは続き大坂夏の陣の戦いまで話は続きます。
まさか夏の陣まで描かれるとは…!!
三成との約束だった秀頼と淀殿を逃がして守り、そして幸村は家康に向かって軍を突撃していきます。
その真田軍の勢いは凄くあの家康の本陣が攻め込まれた程であり…家康から「日本一の兵」と称される程の活躍を残します。
そんな闘い疲れ倒れた幸村に恵みの雨と、そして目の前に白龍が…七緒が約束通り迎えにきてくれた…!!
IMG_5275
神域に辿り着いた幸村は必死に七緒を探しますが、中々姿を現さない七緒。
幸村はふと、思い出したように彼女の名前を呼びます。「なお姫」「七緒」「天野七緒」と。
今まで幸村が「」と呼んでいたのがここで生きてくるのが本当に…。
そして神域の周りはあの幸村と一緒に植えた青い花…2人のためだけの世界でずっと一緒に家族として幸せになる事を誓った2人…永遠にお幸せに。
IMG_5274
以上幸村でした。
この展開にはもう涙涙ですよ、泣きながらプレイしてました。
幸村が亡くなった後の八葉達も反応とかも泣かせにきてたし、最後に弟の墓の周りに植えた花が毎年咲いてるっていう展開に涙止まりませんでした。
ただ…やっぱり普通の幸せを2人は掴んで欲しかったとそうも思っちゃいますね、真田の庄で家族になって幸せに暮らす2人も観たい…続編かFDで観れる事を祈ってます!!



という訳で…。
IMG_5276
遙か7フルコンプしました!!
さすがコーエー!そして遙かシリーズ20周年に相応しい作品になってたと思います。
どのキャラも好きだしどのキャラのルートも大好きでした。
満を持しての戦国時代の遙か…どうなるかと思ってましたがさすがコーエーさん…ちゃんと史実にも忠実でありながら遙からしい変更点を入れたりして感動しましたね。

まだまだ幸村ENDの余韻が抜けないほど幸村ルートが最高によかったです!
推しは大和と長政様と幸村ですね。いやでも全員大好きだ!!!

以上遙かなる時空の中で7の感想でした。