フルーツバスケット 2nd Season 17話「あります、きっと・・・・・」の感想です。


待ちに待った修学旅行回!
という訳でついにきた修学旅行…修学旅行に行くお金の話とかあった1st Seasonが何だか懐かしくなりました。

というか…今回の夾くん本当にかっこよかった、この回の夾くんを観たかったのです!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*第17話「あります、きっと・・・・・」
IMG_4695
透達は修学旅行で京都へやってきた。
周りは少し浮足立っている様子で、夾も女子生徒から告白される。
だが、覗き見しにきた魚谷達が加わり、ちょっとしたカオス状態に! 
透は夾に騒動の原因を訪ねるも、「おまえに関係ない」と冷たく突き放されてしまう。
初めて言われた訳ではないのに、なぜだか透の胸は千切れそうで……。


ついにやってきた修学旅行!京に透くん達はやってきました!!
IMG_4687
透くん、由希くん、夾くん、咲、ありさは一緒に行動してました。
咲とありさのボケに由希くんや夾くんが突っ込んでる構図が好きです。

そんな修学旅行…透と由希は忘れていたみたいで。
直前になって気が付いて急いで準備…夾はあまり行きたくなさそうですが、紫呉から行った方がいいと言われます。修学旅行は恋愛イベントが満載だと…!

そんな紫呉の言う通り修学旅行で出来るカップルが出てきてるのを見つけた透達。
逆に由希は何故告白されないのかと言うと…由希はプリユキメンバーが守ってるからでした(笑)。
一方夾はなんと呼び出されていた、と!
それを面白がってありさ達はその告白現場に向かいます。
そんな様子に由希は透に言います、夾は靡かないと。

一方告白された夾は相変わらず怖い表情で告白してきた女の子に冷たく接します。
女の子の名前も知らないのに、と。

何、一人で勝手に願望抱いてんだ。俺なんかに

ここの冷たい夾くんの表情…。その場は夾の友達に割って入られ、更にありさが夾を好きなんじゃないかと女の子に言われ夾とありさから否定され…その場は解散に。
そんな告白現場から帰ってきて透達と合流した夾達。透が何でありさが不機嫌なのか聞こうとしますが、夾は透には関係ないと言ってしまい、由希からチョップをくらいます。
これは由希くんが正しい!
しかし透は言われた「おまえには関係ない」と言われた言葉が頭の中で回ります。
あんな風に言われた事は何度もある、だけど先程言われた時は…心がちぎれそうになったと。

夾を探してた透はネコと一緒にいる夾を見つけます。
しかしそのネコは透を見て、夾をひっかき去っていきます。去っていったネコを心配しますが夾はほっとけ、と。いちいち優しくしてなれない、と告げます。
IMG_4697
そう言った夾に…透は思います。

いつかつき離されてしまうだろうか…私も

そう思った透は咄嗟に夾の服を掴んでいました。
IMG_4696
IMG_4688
どうした…?…ん?
IMG_4690
IMG_4691
たった一言に揺さぶられたり嬉しくなったり…夾くんは不思議
その優しい夾くんの声色と透のその手を掴んでくれたその手を見て…透は真っ赤になります。
先程まで落ち込んでいたのに…先程の一言だけで嬉しくなる。透くんの淡い恋心が本当に可愛いです。
透くんがはっきりと夾くんを意識した感じがしますね、大好きなシーンです。


一方由希は生徒会メンバーとのお話。
旅行に行く前に真知と直人にお土産は何が欲しいか聞きましたが何もいらないと言われた模様。
それがまた今の生徒会らしいな、と。

そして修学旅行でクラスメイトに明らかになる由希の寝起きの悪さ。
クラスメイト達はどうにかして由希を起こそうとしますが無理で…通りかかった真鍋が由希をからかう事で由希を起こすのでした。
由希がクラスメイトとワイワイやってるのが観られるのが何だか嬉しいですね。
修学旅行2日目も観光する透達。由希から聞いた真鍋の話を聞いて透は嬉しい気持ちになります。
由希が友達相手にそんな話をするのが嬉しいんですよね。
そんな透は自分へのご褒美にとある物を買っていました。あと紙粘土さえあれば完成まであと一歩と透は張り切りますが…。
そんな透は由希に聞きます、自分へのお土産は買わないのですか?と。
その問いに由希は返します。

思い出が残せるならそれが一番かな…なんて
あります。きっと…ちゃんと。ほんのり…光るようにおみやげは由希くんの中で…そっと

そう言ってくれる透に由希は感謝します。
自分の覚悟とかズルさとかきっと透は分かってる…だからこそ大切に想うのだ、と。
IMG_4693
一人行動をとってた由希は真鍋に偶然会い、真鍋が買うお土産の多さに驚きます。
そんな真鍋と2人で休憩するのですが、真鍋は透の事を由希に聞きます。
透の事を聞く真鍋に対し何故透の事を気にするのか聞きますが、真鍋は茶化して好きだったりして?と言って由希の出方を待ちます。
由希は真面目な顔をして言います、そういう関係になるのは本人達の自由だけども興味本位とかからかい半分で近づくなら、傷つけるなら許さない、と。

…許せない。それだけは許せない

それは夾に向けてにも言った言葉でした。
そんな由希に対し自分がそうだったらどうする?と聞いた真鍋に由希は絶好すると言っちゃいます。
言った後に絶好という単語に真っ赤になり笑われると後悔しますが、真鍋には効き目抜群でした(笑)。
そんな2人に公が加わり更に騒がしくなっていく中、由希は真鍋に彼女がいる事を知ります。
真鍋はその彼女の事を素直にすっげぇ好きと言い、その真鍋の素直な言葉に対し由希は嫌いじゃないと思うのでした。
そして絶好とか言ってる自分の事も嫌いじゃないと思っていました。
IMG_4689
いつかは…この時の自分をくすぐったいような気持ちで思い返す。そんな日があるのだろうか…
降ってくる紅葉の中、透の「あります」という言葉を思い出す由希。
そしてその紅葉を掴み…修学旅行から帰ってきた後お土産として真知にプレゼントするのでした。
IMG_4692
もらった紅葉をあの時の由希のように持ち上げる真知…ここほんと好きだなぁ。

そして帰ってきた透は…ずっと自室であるものを作っていました。
それは…。
IMG_4694
自分へのご褒美で買ってきた十二支の置物に…紙粘土で作ったネコさんなのでした。
その置物を見て真っ赤になる夾くん…ここもエモいですね。


以上17話でした。
修学旅行回でした!透くん達が楽しい修学旅行を過ごせたようで…本当によかったね。と。
見どころはやっぱり由希くんの環境というか、人間関係が変わった事。
そして透くんの夾くんへの想いの自覚…かな。透くんと夾くんのこのシーン大好きなんです…アニメで観れて幸せでした。
さて次回は依鈴回。ついにこの回か…涙無しで観れるだろうか…。次回もよろしくお願いします!