薄桜鬼 真改 風華伝 for Nintendo Switch 藤堂平助の感想です。


薄桜鬼の感想を一気にアップです。
次は元々の攻略対象である平助くん。最初薄桜鬼をやり始めた時はこの外見とCV.吉野裕行にかなり惹かれたものです。(しかし今の薄桜鬼の推しは別)

個人的には後半から髪を切った平助くんが大好きでして…なので華ノ章は幸せでしたね。
新八と同じく結構前に攻略したので所々忘れてる部分があるかと思いますがご了承ください。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*藤堂平助
CV.吉野裕行

icon_todo
新選組八番組組長。
新選組幹部の最年少。
祭好きの江戸っ子で、人の輪や剣の修羅場に真っ先に乗り込む野次馬根性の持ち主。


*風ノ章
新選組に捕まった千鶴にも比較的最初から優しく接してくれた平助くん。
最初から敬語じゃなくていいから。ってタメ口で会話したり…年も近いおかげで千鶴も安心できる幹部の人って立ち位置でした。
原田さんと新八と仲がよく3人でよくいつも酒を呑みに行ったり遊んだり…そんな日常の様子とかが凄く好きですね、この3人大好きなので。
随想録でもあった雪合戦の話や謹慎をくらった平助くんに千鶴がこっそりとおにぎりを差し入れる話。これら好きなイベントだったのでちゃんと本編に盛り込まれてて嬉しかったです。こう、千鶴が等身大に接してる相手が少ないので癒しに感じるんですよね。

しかし平助くんの勧めで入隊した伊東さんが新選組の中で対立を起こすようになり更なる上に羅刹になった山南さん。それらの出来事が起きていく内に彼もどんどんと変わっていくことになります。
伊東さんが新選組を離隊し作った御陵衛士
新選組から伊東派が離れていく際に平助くんも共に新選組を離れます。
近藤さんや土方さんの考えが正しいのか、伊東さんの考えが正しいのか、答えがでないまま、千鶴に別れを告げ平助くんは新選組から去っていきます。
しかしその御陵衛士が新選組に仇名す存在になり、ついに伊東さん暗殺の話が持ち上がります。
千鶴も原田さん達も、勿論土方さんも…平助くんが帰ってこれるなら帰ってきて欲しい。そんな気持ちを抱き千鶴も平助くんの説得のために油小路へ…。
しかしその先に待っていたのは、平助くんが羅刹になるという道でした。

大怪我を負いもう変若水を飲み羅刹にならなければ生きる事が出来ないそんな状態で、平助くんは生きる事を選び羅刹になり、表向きには死んだ事になりこっそり闇の世界で生きていく事に。
史実の藤堂平助はここで死んでしまうので最初に薄桜鬼をプレイした時もここでこうなるんだろうなとは思ってたんですがやっぱりここは何度やっても辛いです、くるものがありますね。

山南さんと一緒に闇の世界で新選組として戦う平助くん。
そして彼も未だに自分がここまでして、化け物になってでも生き延びた理由も見つけられないまま…時々暴走する山南を心配しながら羅刹隊で過ごしていきます。
彼の家の話…藤堂家の事情の話などもありました。これが私が忘れてるだけなのかもですが彼の家の事情とかは意外と驚きましたね。自分が死んだことになっても悲しむ人はいない。そう告げる平助くんの辛そうな、そんなイベントが印象的に残りました。

そして勃発した鳥羽伏見の戦い。
平助くんも羅刹隊として戦うのですが、その時羅刹として血を見てついに暴走するまでになってしまいます。
黄昏が夜明けに見える、月が太陽に見える。人の血を浴びるのが気持ちいいんだ。そんなセリフがあるのですがこの台詞が凄く印象的に残っていまして…吉野さんの言い方が更に泣けてくるんです、前の言い方も良かったですが今回もかなりきました…やっぱり好きですここの平助くんの台詞。

そして大阪城に撤退する為にに森へ逃げた平助くんと千鶴。
逃げ切る最中、平助くんの心の中にしまってた想いを吐露してくれます。
千鶴が平助くんの手を握ってずっとそばにいると告げて…お互いに大切な存在になる。凄く好きなシーンですね。手を重ね合うってもいいですし。

そして二人で支え合いながら平助くんと千鶴は新選組の皆が待つ大阪城へ向かいますがそんな2人の前に現れたのは千景と天霧。
平助くんが千鶴を守るために闘いますが、羅刹の姿になってもボロボロに痛めつけられていく…そんな中に現れたのは千姫でした。
千姫から千景へ千鶴には手を出さない約束をとりなしてもらい、なんとか2人は大阪城へ。
そして大阪城で二人は一緒にこれからも支え合いながら生きていく事を手をつなぎながら決意します。
江戸へと向かう船の上で。まだ何が正しいのか、自分はいつも正しい選択なんて出来なくてただ呆然と生きていく選択をしていただけだけどそれでも千鶴と一緒にこの先も戦う事を告げます。

icon04_todo
*華ノ章
羅刹となった平助くんは日に日にましていく吸血衝動に耐えながら日々を過ごします。
千鶴が血を与えますがそんな千鶴にずっと謝り続けるそんな平助くんが更に切ない…そんな顔しないで。
そんな中、千姫から聞かされた羅刹の力の源の話。
羅刹は命を削って行動をしていき、その命が尽きると砂になってしまうのだ、と。更に羅刹の由来を聞いた山南さんは…とある事を考えているようで。
ほんとこの平助くんルートの山南さんは悪役ですよね。ものすごくラスボスやってていっそ清々しいくらいです。

山南さんが夜に怪しい行動をしている…そんな情報を掴んだ土方さんですが、江戸を離れ戦争へ向かう事になり平助くん達に山南さんを任せて、江戸を出ていきます。
そしてそんな山南さんの行動に注意しながら過ごしていくのですが、ここで龍之介を見かけるシーンが恐らく追加だったのかな?幸せを手に入れて好きな人と一緒にいて…そんな龍之介を見て平助くんは落ち込む事に。
でもここで千鶴が必死に支えているのもぐっときましたね。
千鶴のずっと平助くんのそばにいる宣言を本気にとらえてないのか、そのあたりを気付いてないのか…この二人のすれ違いもくるものがありました。両想いなんだけどね。

そんな中起きた、山南さんによる事件。
千姫を操り、羅刹のための羅刹の国を作る彼の作戦に千姫が捕まってしまいます。
変若水を飲ませられ、気を失った千姫を誘拐した山南さん。
純潔の鬼が羅刹になり理性を失う…そんな千姫を助けるために土方さんと別れを告げて、山南さんの待つ場所へ向かう事に。
そこで再会したのはなんと千景!ここの平助くんルートの千景本当にお気に入りなんです。
この2人がまさか一緒に戦って行動してくれるとは…驚いたし嬉しかったなぁ。
千姫を救い、山南と羅刹を倒すために行動していた千景。
お互いの目的が一致という事で、一緒に少し動く事になるんですが何度見ても三人で写ってるスチルお気に入りです。千景っていいキャラだなぁと思い始めたのがこのイベントからだったな…!

かつての仲間だった相手…更には総長だった山南さんを倒す事を決意し、山南さんがいる仙台城へ向かう3人。
そこにいたのは羅刹から千姫さえも操り、以前優しかったあの頃とは打って変わり、羅刹が最強と謳い、羅刹をまとめる山南さんでした。
山南さんとの戦い…昔の山南さんとのやり取りや彼の性格を分かっていたからこその平助くんの一撃が致命傷になるのがね…。最後に人間だった頃を思い出せた山南さん…それだけが救いでしたね。

山南さんとの闘いの後、すべてを土方さんに報告した二人はそのまま新選組を離れる事を決意します。
そして羅刹の体を癒す、水や空気がある雪村家跡地を目指し出発します。
土方さん以外も、事情を知る昔なじみの隊士達に見送られながら、二人は手を繋いで歩き出します。

ハッピーエンドは雪村の里で過ごすうちに羅刹の症状がおさまりかけ、平穏な生活を送っていた2人の姿が描かれます。
未だにいつ平助くんが寿命が終わりいなくなってしまうかそんな恐怖もまだ持っていて…寝ていた千鶴を穏やかな顔でなでる平助くんのスチル…このスチル本当に好きですね。
いつ別れが訪れるか分からない。だからこそ、今を大切に…そんなエンディングがまた切なくもあり幸せな終わり方でした。


以上平助くんでした。
羅刹の運命を丁寧に描いたルートが平助くんのルートであり、それが一層切なくなるんですよね。
年が近い事もあって千鶴とも凄く等身大でそれがまた可愛い2人でした。
個人的にやっぱり最後のスチルが本当に大好きすぎて…あの絵だけで幸せになれます。

さて次は真改で追加キャラとして登場した伊庭さんです。
次回の感想もよろしくお願いします!