*うさぎの桜*

乙女ゲーム・アニメ・声優さんを中心に 大好きなものをつらつら語るブログです

2020年09月

キューピット・パラサイト 螢彩院・F・琉輝の感想です。


キュピパラ攻略3人目は最年少の螢彩院くん。
今作の攻略対象の中では唯一の未成年キャラでもあります、可愛い。

しかも私的に推してる声優さんである榎木淳弥さんがCV!という訳でそれもありこのキュピパラ、そして螢彩院くんのルートを凄く楽しみにしていました。
榎木さん、初オトメイト攻略対象おめでとうございます!!

という訳で今回はそんな最年少で可愛い螢彩院くんの感想です。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。続きを読む

フルーツバスケット 2nd Season 25話(最終話)「・・・・・俺はもう、違うんだ」の感想です。


ついに2nd Seasonも最終回。
そしてここで終わるのかああああという凄く気になる所で終わりましたね。
ここで区切るのはFinal Seasonに向けていい引きだったと思います。

そんな訳でついに2nd Season最終回です!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
続きを読む

あなたが生きる未来にはどれだけ言葉が溢れているの
そこに愛してるはあるのかな
IMG_5652
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン観てきました!!

記事タイトルと上記の歌詞はエンディングテーマにもなっているTRUEさんの「未来のひとへ」から。
この曲…アルバムに入ってた時からずっと聞いてたんですが劇場版でエンディングで流れるとは…このヴァイオレット・エヴァ―ガーデンという物語の幕引きにぴったりな曲でしたね。

という訳で…完結編となる今作の劇場版。
ヴァイオレット・エヴァーガーデンという作品の素晴らしい終わり方だったと思います。
アニメ版からその作品の雰囲気、京アニの素晴らしい作画、演出、そして声優さんの演技…全てに惹かれてこの完結編となるこの劇場版も公開を楽しみに待っておりました。
あんな事件があって…そして2度の延期があってようやく公開された今作…一言で言うと。


ずっとずっと泣いてました


最初の始まりからまさか泣かされるなんて思わなかった…まさかあの話と繋がってるなんて!
個人的にアニメ版で好きな話が10話なんですよ、何度観ても10話は泣いてしまうんですがその10話と繋がってるなんて…あの家で…あ!と気付いた時は鳥肌ものでしたね。

少々これから先ネタバレになってしまいます。
ネタバレ大丈夫!って方はどうぞお付き合いください。














大丈夫ですか?では思った事をつらつらと。


ヴァイオレットにとってギルベルト少佐という存在はいつまで経っても何年経っても彼女の中で消えない忘れられない存在で…ヴァイオレットが評価されてどんなに沢山な人から褒められても、ヴァイオレットの中は変わらない。
ずっと少佐の事を考えて生きてきて…彼が伝えた「あいしてる」の意味も分かるようになってきて…そんな彼女に伝わられたギルベルトが生きているかもしれないという情報。

なんとなく少佐は生きてるんじゃないかなって思ってたのでそのあたりはあまり驚きませんでしたがそれを知ったヴァイオレットが凄く喜んで…だけど最初になんて話したらいいのだろうかって悩んで、いつも冷静なヴァイオレットが取り乱す程に動揺して…。
そんなヴァイオレットを見てきたからこそ、一緒にギルベルトに会いに行ったクラウディアがギルベルトに「馬鹿野郎!」って叫ぶシーンは本当にぶわっときましたね。

間に挟んだ病気で長くないユリスという男の子の手紙の依頼も、ヴァイオレットとギルベルトの2人の関係に寄ってるような感じがして…あと兄弟の部分はギルベルトとディートフリートの関係も。
個人的にユリスのとあるシーンが本当に本当にダメで…あれでもう涙だらだらでした。

そして個人的に劇場版で株があがったディートフリート。
彼のヴァイオレットへのデレ加減が凄く好きでした。傷をなめ合う同士で恋には発展しそうでしなさそうな雰囲気を出してた2人ですが、もしギルベルトが生きていなかったら…そんな未来もあったのかな?とか今回初めて思っちゃいましたね。
ヴァイオレットにその気はなくてもディートフリートは少しヴァイオレットを気に入ったようにも見えました。

そして少佐…ギルベルト。
本当に大馬鹿野郎ですよ!!ヴァイオレットがずっと待ってるのを知ってるからこそ、ヴァイオレットには彼がいないと分かってるからこそ、ギルベルトが会わないって言った時は「お前!!!!」ってなりましたが、ギルベルトもヴァイオレットには幸せになって欲しいその一心だったんですよね。
最後に見たヴァイオレットがあの状態だったから…自分が傍にいたら幸せを、自動手記人形として一人前に頑張ってるヴァイオレットの側にいられないと思ってたのかな。

最後にギルベルトの背中を押してくれたディートフリート。
兄だからこそ弟を説得できた…そう思ってます。あの後のギルベルトが走り出し、ヴァイオレットの名を呼び…それにヴァイオレットが気付きヴァイオレットが海に飛び込み…ようやく再会できたシーンは本当に本当に…涙が止まりませんでした。
ギルベルトが告げた「あいしてる」に、ヴァイオレットは泣きじゃくって…感情を剥き出しにし今まで見せなかったくらい泣きじゃくります。あんなに人形と言われた彼女が…ギルベルトへ返事が出来ない程泣き続けるのです。こんなの泣くしかないじゃないですか…。そんなヴァイオレットを抱きしめるギルベルトにまた涙…。
ヴァイオレットが最後に愛する人に出した手紙が舞う中…ようやく再会できた…ようやく人形から人間に、ひとりの女の子になれたんだね、と。

ギルベルトがディートフリートによって生きる道しるべを見つけたシーンで流れたアニメ版EDの茅原実里さんの「みちしるべ」で鳥肌がやばかったですね。この曲はこのシーンのためにあったんだなと。




この作品を通してヴァイオレットが探してた「あいしてる」の意味。
最初は分からなかったその意味が、ヴァイオレットが経験した沢山の事を通して、その意味は凄く尊い事…大切な事。そしてその意味を本当に理解した時にギルベルトから言われた「あいしてる」。
本当に、本当によかったね、ヴァイオレットちゃん。

「あいしてる」って素敵な言葉だなと改めて思いました。
家族に対して、恋人に対して、友達に対して…沢山の「あいしてる」の意味はあると思います。
このヴァイオレット・エヴァーガーデンで「あいしてる」の尊さを改めて知れたと思います。

本当に素敵な、素晴らしい作品をありがとうございます。
EDのスタッフロールでまた泣きました…京都アニメーションさんにはこれからも沢山の作品を生み出していってほしいな、と心からそう思いましたね。ずっと応援していますので!


以上劇場版 ヴァイオレット・エヴァ―ガーデンを観に行ったよ!な感想記事でした。
素敵な作品でした…もう一回観に行きたいですね。


小さな夢を乗せた手紙を あなたの未来へと――

フルーツバスケット 2nd Season 24話「真知がいた」の感想です。


時も流れて大晦日。
由希くんの成長も凄く垣間見えましたね。
彼自身が段々と草摩の中に自ら入って頑張ろうとしている姿に泣きそうになりましたね。

そして真知…!真知!!幸せになって!!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。続きを読む

忍び、恋うつつ for Nintendo Switchの感想です。


今回は眼鏡ムッツリ忍者な鎌清とチャラ系忍者な大介。
幼馴染だなだけあってこの2人は結構一緒にいる印象がありましたね。
そんな2人ですが、結構性格とメロメロ時の時は正反対っていうのも面白いですよね。

今回はそんな鎌清と大介の感想になります!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。続きを読む

このページのトップヘ