*うさぎの桜*

乙女ゲーム・アニメ・声優さんを中心に 大好きなものをつらつら語るブログです

2019年12月

2019年ももうすぐ終わり…
という訳で今年も去年と同じく
今年放送されたアニメを振り返り、そして語ってみました!


去年もうやったこの企画。
アニメの感想ってあまり書けていなかったので年末に振り返るっていうのもいいなぁと感じつつ。
ここ1年の振り返りという意味も込めて。

去年と同じく一応各季毎に好きな作品ランキング的な感じで語っていこうかなと思います。
作品の中にはネタバレも含まれるものもあるかもだけど大丈夫な方はどーぞ!




*2019年 冬アニメ


*かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
家柄も人柄も良し!!
将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!
その生徒会で出会った、 副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが… 何もないまま半年が経過!!
プライドが高く素直になれない2人は、 面倒臭いことに、 ”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!?
恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、 開戦!!

「お可愛い事…」
古川さんがメインの白銀会長を演じると聞いて視聴決定。しかし最初は古川さん目当てなだけなんて後悔なんて微塵もなかったです。
何気に今年一番面白かったと思うくらい好きな作品でした!
プライドが高いけれど両想いなかぐやと白銀。そんな2人に初々しいようなやり取り、生徒会メンバーが集まりワイワイしていたのも楽しかったです。
頭脳戦という事でかぐやと白銀の頭脳戦が繰り広げられます、どちらが告白するか…惚れたら負けって言葉もありますからね。しかしそんなギャグテイストばかりで進むのかな?と思ったらシリアスな部分もあったりして。
風邪ひいたかぐやをお見舞いに来た白銀会長をベッドに引っ張るかぐやのお話好きですね、キュンキュンしました。


*五等分の花嫁
貧乏生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。
ところが教え子はなんと同級生!しかも五つ子だった!!
個性豊かな中野家の五つ子は全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児!
最初の課題は彼女たちからの信頼を勝ち取ること……!?
毎日がお祭り騒ぎ!中野家の五つ子たちが贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

未来の可愛い花嫁は…五つ子だった!?
そんなインパクトのある設定と、キャラクターの可愛さに惹かれ視聴したのですが面白かったです。
中野家五つ子に振り回されながら必死に家庭教師をする風太郎。最初は見向きもされなかったのに段々と風太郎を認め、そして仲良くなり、惹かれていく…。

最初はマイナスのイメージが強かったのに、段々と好きになる過程がしっかり描かれてて凄くよかったです。
それに…この五等分の花嫁は将来は五つ子の誰かと確実に結婚するとの事で。絶対に誰かと結ばれる事確定しているって設定もいいですね。果たして風太郎の花嫁は誰なのか?来年は2期もありますし、2期も凄く楽しみです!!

個人的には三玖と五月推しです、可愛い!!


*同居人はひざ、時々、頭のうえ。
他人が苦手で、人見知りの小説家・朏 素晴(みかづき すばる)と過酷なノラ生活を生き抜いてきた猫のハル。
ふとしたきっかけで一人と一匹はいっしょに暮らし始めるが・・・?
日々の暮らしを ひと目線とねこ目線で描き、それぞれの想いが交互に織りなされるストーリーが"心があたたまる"と話題に。
些細な時間を積み重ねて、僕らは「家族」になっていく――ふたりでみつける幸せ一緒ぐらし。

なんとなく猫がテーマだし見てみようかなと思ったらこれは色々と泣かせるやつでした。
ひとりぼっちで、人見知りの素晴が偶然拾った猫・ハル。
そんなハルをきっかけにあまり外に出る事がなかった素晴は段々と心を開いていきます。
ハルと出会う事になって、色んな外の世界に出る事によって両親を亡くした時から時計が動き出したようなこの表現凄く好きですね。


*どろろ
時は戦国。 醍醐の国の主である景光は、ある寺のお堂で12体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。
それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。
時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。
そんなある日〝どろろ〟という幼い盗賊は、ある男に出会う。
それは、鬼か人かーー 両腕に刀を仕込む全身作り物の男〝百鬼丸〟は、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。


あの手塚治虫先生原作の「どろろ」が復活です。
と言ってもこの作品が手塚先生の作品ってしらなかったくらい勉強不足で。ただ推してる千葉翔也さんが多宝丸役で出てたので観たのがきっかけですね。

しかしストーリーは色々考えさせられるストーリーでした。生きたいと願う心は大きさが変わっても皆一緒なんだおうな、と。

妖怪と人間の恐ろしさ、人間になりたいと妖怪を殺しそれがまた百鬼丸を妖怪にしていく…彼は何も悪くないに。ただ家族が欲しかっただけなのに。
中の人から多宝丸が好きだったんですが、そんな多宝丸の生き様に感動しちゃいました…最終回のやつよかったよ。
本当は兄弟なのに…って本人達は知らないこの真実も切なくてとにかく気になって毎週すぐに観ていたのが懐かしくなりました。


*B-PROJECT~絶頂*エモーション~
業界大手のレコード会社「ガンダーラミュージック」で、A&Rとして働く主人公・澄空つばさ。
担当アイドルユニット「B-PROJECT」のメンバーとともに、様々なアクシデントを乗り越え夢のJAPANドームライブも大成功!
次のステージへと向かうつばさと「キタコレ」「THRIVE」「MooNs」、そして訪れる「KiLLER KiNG」との出会い。「B-PROJECT」のemotionalなnext stageが今、幕を開ける――!

Bプロのアニメ2期がついに放送!1期の時はいなかったキラキンがようやく仲間に入り、つばさちゃんが4ユニットをプロデュースすつ展開になっていきます。
キラキンちゃんが1話でつばさちゃんと出会った時に歌っていた曲「Love Winner」がとんでもなく好きなんで…ぜひ聞いてもらいたい1曲です。円盤特典のCDなので難しいかもしれないですが。
話の展開的には、最後の展開には驚きましたね。夜叉丸さん関連がちゃんと回収されてくれたのはよかったです。1期は衝撃なラストでしたから。
何はともあれ…推しであるキラキンちゃんが沢山活躍してくれてそれだけで嬉しい2期でした。


*明治東亰恋伽
「不思議な世界があなたを誘う――今宵はストロベリームーンライト」 赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。
目を覚ますと、そこは明治時代の「東亰」だった!
戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。
言われるがまま馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。
高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。
この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、「物の怪」たちが姿を現す。その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。
慣れない生活の中、彼らと触れ合い芽生えていく恋心。
「魂依」の力は、芽衣と彼らをより強い絆で結びつけていく。
しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。芽衣が選ぶのは現代か、それとも……少し不思議な明治の東亰で、時を越えた恋の物語が開花する――


めいこいがついにTVアニメシリーズに!
劇場版とかは何回か映像化してますが、ついについに!と。嬉しくなって楽しみにしてた作品でしたね。
しかも今回のメインは鴎外さんと春草さん。この2人をメインにしてくれてありがとう…!!
しかし他のキャラも出番がない訳でもなく、ちゃんと出てきて芽衣ちゃんに惹かれてる描写などもありましたね。
そんな芽衣ちゃんは可愛いし、食いしん坊だし、元気で明るいし…アニメになったら凄く魅力的に見えました。
監督さんがギャグアニメが得意な監督さんなだけあってギャグもあったし楽しいアニメでした。
個人的に乙女ゲーアニメ化の作品ではあたりに入ると思うくらいいいアニメでした。
ラストは本当切なかったな…鴎外さんとのあのキスのシーンが忘れられません。


*2019年 春アニメ


*異世界かるてっと
「オーバーロード」「この素晴らしい世界に祝福を!」「Re:ゼロから始める異世界生活」「幼女戦記」。
総シリーズ累計1600万部超え、BD&DVDシリーズ総売上枚数50万枚超えを誇る4作品が、 ぷちキャラアニメになって大暴れ!
ある日突如として現れた謎のボタン。
ポチっと押すと、なんとさらなる異世界へ転移してしまう!!
そこには他世界から転移したキャラクターたちも大集合していて…!?

異世界転生ものの作品4つ、これがなんと夢の競演!
作品の垣根をこえて5分アニメでしたが、ファンとしては嬉しいお祭りアニメでしたね。
この中では実はリゼロしか知らなかったのですが、この異世界かるてっとを見て他の作品も興味を持ちましたね。個人的にはこのすばが気になりますね。カズマの冴えてるツッコミが最高に好きでした(笑)。
1月からは2期がはじまります、この4作品の他に「盾の勇者の成り上がり」が新たに追加!2期も楽しみです。


*KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-
2016年に劇場オリジナル作品として公開され、 異例の大ヒットを記録した劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」 。
そのストーリーの決着を描いた劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」で、 シリーズ累計劇場動員数は83万人を突破。
見どころは、フィギュアスケート、歌、ダンス、そして心の飛躍を型破りなイマジネーションで表現した <プリズムジャンプ>を組み合わせた<プリズムショー>。
そして、エンターテイメントショーに留まらない人間ドラマも魅力の所以です。
新シリーズとなる今作はプリズムスタァ候補生たちを主役に、 本シリーズの原作・脚本・監督を務めた菱田正和が引き続き指揮を執り、 鮮やかなプリズムショーの世界に熱いバトルを融合させた新たなストーリーを描きます。 スクリーンに映る虹色の光があなたをきっと魅了する。

まさかあのキンプリがここまで大きくなるなんて…!
レインボーライブの時からオバレが好きだった身としては劇場版は凄く嬉しい展開でしたし、このアニメのため映画2作品とも見ましたが本当に面白くて…キンプリの魅力にどっぷりハマってしまいました。
そんなアニメシリーズは、7人の候補生がメインとなりようやく彼らの過去や背負っているものなどが深く掘り下げられました。個人的にはシンのあの真相にはかなり驚かされました…まさかここでレインボーライブ密かに繋がっていたとは…!!
絆が深まり、7人はユニットを組み活動していく…色々な事があり7人が成長していく過程、そして何より完成度が高いプリズムショー…最高でした!
大好きすぎて来年はライブも参戦する予定です、キンプリまだまだ続いてくれ…!!


*この音とまれ!
廃部寸前の時瀬高校箏曲部。
一人になってしまった部長のもとを訪れたのは不良少年とその友達、そして箏の天才少女だった。
それぞれの箏の音が紡ぐ青春学園物語―

主人公に愛(CV.内田雄馬)と部長・武蔵(CV.榎木淳弥)に完全に惹かれてしまい視聴決定した作品でした。
しかしタイトル的にもジャンプSQの作品であり、箏をテーマにしてたってのもあり気になってた作品だったので声優さんの件がなくても観ていたと思いますね。
お箏の部活に見た目からして不良少年である愛が、とある事をきっかけに廃部寸前の筝曲部に入るのですが、そんな彼らの部活に頑張る姿、登場人物皆の思春期ならではの悩み。
個人的には愛とさとわちゃんには幸せになってもらいたいですね。愛は不良ってだけなのに本当に周りから虐げられすぎて…そんな愛の事を理解し仲間として一緒に頑張ってくれる筝曲部の皆が愛しいです。
秋からは2クール目がはじまって、今しっかり観ていますが、愛とさとわちゃん、武蔵と妃呂の恋愛模様にニヤニヤしちゃいますね。青春っていいな。


*さらざんまい
舞台は浅草。
中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、無理やり尻子玉を奪われカッパに変身させられてしまう。
『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい』 ケッピにそう告げられる3人。
少年たちはつながりあい、ゾンビの尻子玉を奪うことができるのか?!
同じ頃、新星玲央と阿久津真武が勤務する交番でも何かが起ころうとしていたー。


「かっぱらったーー!!」
ウテナやピングドラムの幾原監督の最新作。
「つながり」をテーマに少年3人の悩みと葛藤が描かれた作品でした。しかし尻子玉を抜かれカッパになってしまい、元の姿に戻るために奮闘するっていうのはある意味王道(?)な展開で今回は考察とか関係ない作品かな?とか思ってたらそんな事はなかったでござる。
一稀の弟への想い、悠の兄への想い、燕太の一稀への想い。そして玲央と真武の想い。
それぞれの想いが交錯し、これどんな展開になるんだろう…となるのがやっぱり幾原監督作品だなと感じました。見終わる度に考察したくなっちゃう作品でしたね。
個人的には挿入歌が2曲ともずっと頭から離れないほど大好きでした。


*フルーツバスケット
高校生の本田透は、唯一の家族だった母親を亡くしてから一人でテント暮らしをしていた。
ところが、テントを張ったその場所は由緒正しい『草摩家』の敷地内だった!
草摩紫呉に家事の腕を買われた透は、学校の王子様的存在の草摩由希、そして由希を敵視する草摩夾と一緒に住むことに。
しかし、透はまだ知らない。
『草摩家』が何百年も前から忌まわしき呪いに縛られていることを……。

1998年から連載され2001年にはアニメにもなった世界で一番売れた少女漫画としてギネスブックにも記録されてる有名少女漫画の再アニメ化です。個人的に、中学時代にアニメの再放送を見て、一気に惹かれ、単行本を全巻買い何度も読み直したほど大好きな作品で、そんな作品が今になりまたアニメで観れる幸せ…本当にありがとうございました。
まさか推しの夾くんを今の声優さんの推しである内田雄馬くんが演じる事になるなんて…当時の私には考えられない事でしょうね。このフルバに関してはアニメの感想を書いておりますのでそこを参照よろしくお願いいたします。来年の2クール目も楽しみです、ようやくアニメになってないエピソードがアニメで観れる…!!


*2019年夏アニメ


*あんさんぶるスターズ!
男性アイドル育成に特化した私立夢ノ咲学院。
氷鷹北斗・明星スバル・遊木真・衣更真緒の4人は『Trickstar』というユニットを組み、トップアイドルを目指し、日々レッスンに励んでいる。
しかし、夢ノ咲学院が主催するアイドルたちがお互いの魅力を競いあうライブイベント、通称『ドリフェス』は、学院の秩序という名の権力に支配されていた。
その中心となる生徒会に、『Trickstar』 は改革を求めて挑んでいく―――


このアニメ化をずっと待っていたんだ!!
という訳でサービス開始当初からずっと追いかけていた大好きな作品であるあんスタ。
アニメ化が発表され3年以上くらいかかりましたが、ようやくこの間完結しましたね。
トリスタをメインに、メインストーリーが主に描かれ、所々他のユニットの話や、過去話など人気のあるエピソードをやってくれましたがやっぱりあんスタが大好きな身としては尺が足りない!と感じちゃいましたね。
2クール作品だったし、贅沢な話だったんですが…。しかし動いて喋る夢ノ咲学院の皆がようやく見れて…幸せな半年間でした。
あんスタは最終話までしっかり感想を書いておりますのでよかったらそこを参照よろしくお願いいたします。


*胡蝶綺 ~若き信長~
明日をも知れぬ戦国の時代を駆け抜けた織田信長。
彼の元には常に乳兄弟であった池田恒興が控えていた。
ただ生き残るために、ひたすらにあがき続ける。史実を点として押さえつつ、信長を中心としたキャラクターたちが、それを乗り越え新たな物語を紡ぎだしていく。

アニメ・薄桜鬼のスタッフが再集結し、オリジナルアニメを描くという事で惹かれ視聴しました。
若い頃のまだ天下統一なども見えない頃の織田信長を描く物語でした。
信長の側室になる帰蝶が実はこの作品では男性で、男性として隠し側室として生きていく展開には驚きました。そんな帰蝶は忍として信長を守ろうとしていたのがね…。
最終回あたりでの帰蝶の信長を守りたいために、姿を消して、そして忍としてそばにいられるように生きていく様…好きでした。あと弟の信勝との哀しいすれ違いと一騎打ち…信長と信勝の話がやっぱり好きでしたね。
個人的にはまだ信長のこれからももっと見たかったなぁ…と。


*スタミュ(第3期)
「夢を諦める方法なんて、知らない――」 ついに『憧れの高校生』・鳳樹との共演を果たした星谷悠太は、 次なる夢に向かって綾薙学園ミュージカル学科でミュージカル修行に励む日々。
しかし、またもや“新たなる試練”が待ち受けていた……! 2学期が始まり、目前に迫るは≪綾薙祭≫のクラス公演。
初めて、指導者の力を借りずに自分たちだけで挑む舞台。
チームの垣根を越えた新たなカンパニーで、手を取り合い、 最高のステージを作り上げようと気合を入れる星谷たちだったが……。
そんな2年生たちの前に立ちはだかるのは、ついに姿を現した≪華桜会≫!
彼らが打ち出した綾薙祭改革の一環、華桜会プロデュースの新規プログラム≪オープニング・セレモニー≫。
そのパフォーマーに選ばれた生徒は次期華桜会最有力候補との触れ込みだが、 代償としてクラス公演には参加が出来ない!?
青春ドタバタ・ミュージカルストーリー、最後の幕が上がる、その瞬間。


スタミュついに完結!
まさか3期まで続くとは思っていませんでした…しかし3期も面白かったですね。
2年生になった悠太達の新しい目標は綾薙祭。その綾薙祭のオープニング・セレモニーでクラス全員で出たいと張り切るも、新しい華桜会はそれを許さず、悠太達はそんな華桜会に認めてもらうため奮闘していきます。
新しい華桜会が登場しましたが、四季と冬沢のギスギス感が凄かったですね、まさか華桜会の中で内部分裂が起きるとは思ってなかったです。でも2年生組の皆は仲良くなって…何だか2期の最初のギズギスを思い出してここは嬉しくなりました。最終話のEDの華桜会の制服を着た悠太達の「我ら、綾薙学園華桜会」にはめちゃくちゃ感動しました。


*ナカノヒトゲノム【実況中】
巷を騒がせているのは原因不明の連続少年少女失踪事件。
この不可解な事件の唯一の手がかりは、謎のフリーゲーム『ナカノヒトゲノム』。 ある日、『ナカノヒトゲノム』をプレイ実況した8人のカリスマ実況者たちは、見知らぬ場所で目を覚ました。
現れた監視役"パカ"が課したタスクは、生死を賭けたリアルゲーム実況で、再生数1億ビューを達成すること――…。
 

津田健次郎さんのアルパカが衝撃的で…!
そんなアルパカに惹かれつつも設定的にこうダンガンロンパを思い出すような閉鎖空間の中のゲーム。
こういうの大好きなのと、主題歌を畠中くんが歌うという事で視聴したのですが結構面白かったです。
登場人物が皆、実況プレイヤーなのでリアルゲームをプレイするのが生き延びるための方法なのですが…結構順調にゲームをクリアしていく中、段々とこの世界の謎に迫ったり…主人公のアカツキの謎とかも気になるって所で終わってしまったのが個人的には残念だったかな。
最後謎が凄く気になります…!!個人的にはツンデレだけど仲間想いでツッコミ役なアンヤくんがお気に入りでした。


*2019秋アニメ


*ACTORS -Songs Connection-
巨大学園都市群スライヴセントラル第7学区にある『私立天翔学園』。
そこへ転入してきた音之宮朔は様々な悩みを抱えながらも個性豊かな歌唱部や考古学部の生徒たちと触れ合っていくことで大切な仲間たちとの時間に心地よさを感じていた。
そして、不愛想な見た目だが面倒見のいい神楽蒼介と突拍子もない発言や掴みどころのない性格の往田詩と出会うことで“音楽”の楽しさを知る。
泣いたり、笑ったり、時には喧嘩をしたり。
何気ない毎日のなかで朔は自分の中に今までにない変化が生まれていることに気づく———。
懸命に生きる「ACTORS」たちの青春ストーリー。

元々は声優さんがボカロ曲を歌うCDシリーズが原作でその原作CDもずっと聞いてるほどのファンでした。
なのでアニメ化と聞いてかなり驚いたのを覚えています。メインはアニメオリジナルキャラの朔、蒼介、詩。
ちゃんと原作CDのキャラも最初告知されてたキャラ以外も少し出番はあったりしてくれてそれは嬉しかったですね。出番ないかと思って少しショックでしたから。
しかし話が進むにつれてどんどん怪しくなっていく世界。と言ってもACTORSのキャラ達はそんな怪しさなんて気付いていない訳で…本当に「ACTORS」の物語でしたね。
個人的にはもっとボカロ曲をカバーして歌ってほしかったなぁと。


*俺を好きなのはお前だけかよ
俺はパンジーこと三色院菫子が大っ嫌いだ。
なのに……俺を好きなのはお前だけかよ。もし、気になる子からデートに誘われたらどうする?
当然意気揚々と待ち合わせ場所に向かうよね。
そこで告げられた『想い』から、とんでもない話が始まったんだ。

アンチハーレムをテーマにした作品って事に惹かれ視聴したのですが凄く面白かったです。
まず女の子達は皆花の名前で、わかりやすく、すぐに女の子と名前を覚える事ができ、主人公達も名前があだ名でメインで呼ばれてそれも分かりやすかったかな。花に水をやる「ジョーロ」が主人公のあだ名っていうのがいいですね。
しかしそんなジョーロの周りには女の子が沢山いるのに自分の事が好きなのはパンジーだけ。しかもそのパンジーも難あり…!周りの気になる女の子達から恋の相談をされ、断れる事が出来ずに恋の応援をしていきますが…。
人間関係が丁寧に描かれていたし、恋する故に壊れてしまう高校生の人間関係とか…そのリアルな感じが普通に面白かったです。ジョーロもゲスい部分はありますがパンジーが惹かれる理由がわかるくらい実はいい奴で…親友想いっていうのが凄くいい奴でしたしね。ただハーレムになる作品ではなく、ちょっと変わった方向性のラブコメが楽しかったです。完結編のOVA見たいなぁ。


*厨病激発ボーイ
「俺は目覚めてしまった!」
わけあって中途半端な時期に転校してきた女子高生の聖 瑞姫。
そこで運命的に出会ったのは、厨二病をこじらせた男子4人組??
ヒーローに憧れる野田、オタクで残念イケメンの高嶋、 天使か悪魔の生まれ変わり(?)中村、黒幕気取りの九十九という超クセ者ボーイズだった。
彼らが繰り広げる妄想と暴走にツッコミが追いつかない!


エターナルフォースブリザード!
元はれるりりさんの楽曲「厨房激発ボーイ」が原作であり、ボカロ好きな身としてはもうただただ懐かしい!でしたね。そんなこの厨房激発ボーイは小説も発売していてそれが今回アニメ化と。
中二病の5人とそんな5人のヒーロー部に巻き込まれた主人公・瑞姫のどたばたコメディでした。
とにかく痛い、痛いなキャラが盛りだくさんでそれが見てて楽しかったし、悲しい気分になったりも(笑)。
CV.榎木淳弥の九十九が本当に可愛くて可愛くて…普段は黒幕っぽい振る舞いをしているのにビビりで、お姉ちゃん達には逆らえなくて、猫耳パーカー…最高ですかね。
個人的にはボカロ曲が大好きだったのでメインキャストで「厨房激発ボーイ」をOPで歌ってくれたのが本当に嬉しかったです。んでEDはSideMでおなじみの仲村宗悟さんがついにアーティストデビュー…!おめでとう、しゅごん!!


*星合の空
監督・赤根和樹が贈る、待望のオリジナル新作アニメーションが始動!
キャラクター原案には、新進気鋭の人気イラストレーター・いつかを起用し、赤根和樹が紡ぐ物語を、繊細に描いていく。
舞台は、廃部寸前の男子中学ソフトテニス部。
様々な想いを胸に抱く少年たちはソフトテニスを通してどこへ向かうのか。
少年たちの等身大の青春ストーリー 。


イラストが個人的に好きで、そしてソフトテニスという部活ものに惹かれ視聴したのですがなんという闇アニメでした。主人公達、中学生の子達は基本良い子達ばかりですくすくと育ってほしいのに肝心なのはその周りの大人たち。所謂毒親に悩まされ、精神を病んでいくような様が演出と共に描かれて…結構見ててメンタル削られていく作品でした。
主人公、眞木の父親はDVだし、柊真の母親は兄贔屓で柊真の事はないがしろ。そんなまだまだいる毒親に悩まされながらもテニスを通じて最初はやる気がなかった皆が楽しくテニスを頑張る姿が好きでしたね。
しかし最終回はもっと衝撃的で…あのままこの作品は未完となるようですがかなり気になります。2期やってほしいです、どうか皆が幸せになりますように…!!


以上2019年の視聴したアニメで選びに選んで視聴した作品の感想でした。
この中ではやっぱりフルバとあんスタが大好きで感想も書いていたので思い入れが強いですね。
フルバはまた来年から続きがありますし、また感想書いていけたらな。

あと今年人気になった鬼滅の刃も気になってるんですよね、録画したものも観れなかったので…。来年観れたらなぁと!

来年はA3!やハイキュー!!がアニメになったり、はたまた楽しみな作品が沢山あります。
2020年もアニメで充実した毎日をおくりたいですね。そんな訳で2019年のアニメ感想でした。

あんさんぶるスターズ!24話(最終話)「奇跡」の感想です。


Trickstarとしてウィンターライブのステージに立ったスバルの前に突然現れたのは…スバルの父親の犯した罪とその罪をスバルも犯しているという衝撃的な内容の映像だった。
その映像を見てショックを受けるスバルに、トリスタと夢ノ咲学院の皆は支えますが…。

という訳で2クールにわたって楽しませてくれたアニメ・あんさんぶるスターズ!ついにここの完結です!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。続きを読む

あんさんぶるスターズ!23話「努力」の感想です。


スタフェスから数日後…迫りくるSSに向けて最後の調整をするトリスタ。
Edenと一緒に仕事をしたり、プロモーションに力を入れますがそれはEdenも一緒。
そんなSS直前のオフの日に真と真緒は、Edenのステージに視察に行くはずが飛び入り参加する事になり…。

ついにSS!もう次が最終回とか信じられないのですが…!!
ああ…終わってほしくないなぁ寂しいです。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。続きを読む

あんさんぶるスターズ! 22話「スターライトフェスティバル」の感想です。


季節はまた巡り、クリスマス。
英智が発案した「スターライトフェスティバル」の開催が迫る中、英智は桃李からとある企画書を渡されます。しかしその企画書を英智は…。

という訳で皆大好きスタフェス!
fineメインになるのかな?と思いきや結構色んな話が詰まった回でもありましたね。
まさかあの話をやってくれるとは…!!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。続きを読む

薄桜鬼 真改 風華伝 for Nintendo Switch 坂本龍馬の感想です。


薄桜鬼 真改 風華伝12人目。
真改ラストは誰もが知ってる幕末の偉人である坂本龍馬。
まさか薄桜鬼で坂本龍馬が攻略対象になるとは…!!

という訳でこれでフルコンプになりました!
少々時間はかかりましたが薄桜鬼楽しかったですね。
龍馬の感想と、ノーマルエンドの感想、フルコンプ感想もまとめようと思います。


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
続きを読む

このページのトップヘ