要エンドを迎えたので感想を。


要をみてると応援したくなっちゃう衝動にかられます。そしてトマトが食べたくなります(爆)。


照れ屋だけど頑固なところがある要が大好きなんだぜ☆←




∇以下ネタバレ有りなので要注意!
室田要
CV.福山潤



夕菜が通う室田学園の学園長の孫で経営コースに通う同級生。
将来は親父をこえるお店を経営したいと思っていてその夢の為に努力を惜しまない努力家です。

経営の勉強の為に仁吉さんにアルコバレーノの中の内容を聞き出そうとしたり、夢の為に日本では珍しいイタリアトマトを自分で作っていたりしてました。

要ルートではそのトマトが夕菜の新作パスタとしてメニューに載ったりしていましたね^^



夕菜を最初から好きみたいで初っぱなから好意を示していたりしてました。
他の子のルートでも嫉妬とかしてたし…。

皆の前ではしっかりしてるお兄さんだけど夕菜の前では可愛くなるあたりが可愛いですね。



要の物語は、要がアルコバレーノに必要不可欠になってきた頃にキヨさんからアルコバレーノではなく他の店に研修に行けと言われたことから動き始めます。

他の店に移れというキヨさんの意見ももっともだと思うのですが、要の気持ちも分かる…。
要はアルコバレーノに残るために自分がこの店でしたいことを見つけることとなります。



あのサービスはいい案だと思いました。
要ならではのサービスですね、要らしい^^*



EDはクリスマス。スチルが凄く綺麗でした…。
要はかっこいいスチルが沢山あったと思います。あのコスプレスチルはヤバいって\(^-^)/



とにかく要、ご馳走様でした。本命は仁吉さんでもやっぱり要も好きでした。



※次は仁吉さんの予定です。個人EDでは最後かな。