アニメ緋色の欠片の感想です。


真弘先輩がデレた!!!!
ついに先輩のデレ期ですか、待ってました。やはりツンデレは最高ですね。

だから先週メロきゅんが祐一先輩だったんだな…今週のメロきゅんは完全にプロポーズじゃないですか真弘先輩!!←


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*9話「大地の鳴動」


謹慎中のドライと見張りのアインとツヴァイはこのまま宝具を目の前にじっとしている事が出来ず、行動を開始します。

森では宝具がなくなりカミが妖になり暴走し始めていました。それを止めようとする拓磨と真弘先輩。森のカミまでも動き出す事態に拓磨は…。


蔵で寝るのも惜しみ、調べ物ばかりする珠紀。中々いい情報が見られない中、拓磨と真弘先輩とはあれから話せてないみたいで。
そんな真弘先輩を心配する祐一先輩。やはりこの先輩コンビは分かり合えてるよね。

でっかくなりてぇ!で牛乳を差し出す祐一先輩に吹いた(笑)身長的な意味なんだね。


帰り道。変な予感を感じた珠紀と祐一先輩と慎司くん。教室に向かうとドライが。戦闘になり、そこに卓さんも加わりますが現れて戦闘を止めたのはフィオナ先生でした。
彼女の正体はフィーア。アリアの命令を無視したドライを止めにきたのでした。

卓さんはフィオナ先生を調べていたようで。慎司くんもまたロゴス本部を探す事に力を入れると語ります。



蔵にて玉依姫の覚醒が守護者が強くなるという真実を知ります。現れた芦屋さんが何やら不穏な事を言い珠紀に近づきますが拓磨と真弘先輩が守ってくれます。
芦屋さんは味方か…それとも敵なのか…?


封印の異常を感じた珠紀達は封印域へ。その途中で守護者はまだ強くなれる事を告げ、それまで戦わないでほしいと拓磨と真弘先輩に告げた珠紀。
珠紀への八つ当たりの件も謝り仲直りできたみたいでよかったよかった。真弘先輩もデレましたね!


封印域では山のカミも闘っていましたが敗れ、宝具は取られてしまいます。
それを見ていた拓磨の手に異常が…。





覚醒すれば強くなれる!それが見つける事ができましたね。
拓磨の異変…きてしまったか、としか。やはり拓磨ルートなのかな?

タイトルからして次回は守護者回ですね。楽しみです!