雅恋~MIYAKO~ あわゆきのうたげの感想です。

今回は壱号くん。
こう式神3人がいて晴明様がいて…な話見てると家族みたいで楽しくなりますね。

今回はあわゆきのうたげの感想になりますのでご注意を!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*壱号
CV.鈴木裕斗


3c12b440.jpg



*二人で市へ

壱号ルートの一応後日談的話になるのかな。
邸には参号と壱号くんのみ。今回二人で市へ買い物に出掛ける事になります。人が多い市。離れないように手を握ってくれる壱号くん。優しいし、照れてるし、可愛いな!!

壱号のために笛を入れる袋を買った参号。突然の贈り物に照れながらも嬉しそうな壱号くん。また可愛い!しかもちゃんと立ち絵に笛袋が追加されてて嬉しかった!細かいなぁ。

壱号が買いたいものがあるからと一人去っていき、参号はいてもたってもいれず壱号に似た人を見つけ走り出しますが…


まぁお約束!!
壱号くんが体術の訓練してる理由とかちゃんと本編から繋がってるんだね。
かなり壱号くんがかっこいい話でした!!

参号への贈り物もよかった…!



*枕もとの夢~椿~
壱号と蹴鞠で遊んでいた参号。疲れた二人はそのまま夕方まで寝てしまいますがその時参号は風邪をひいてしまいます。

風邪をひいた参号をみて慌てる壱号は自分が看病すると言い出し…


参号風邪をひく。壱号くん篇ですね。
風邪をひいた事もなければ看病さえもした事がない壱号くんですので参号への看病が面白かった(笑)彼らしい看病の仕方だけど全てが空回りになるあたりがまた。

一番の薬は壱号くんがそばにいてくれる事なんだね、と。壱号くんの手をとる参号が可愛かった…んでまた真っ赤な壱号くんが可愛いというね!!



*仕事寮誕生編~椿~
記憶、自我も姿さえも失いかけていた朱雀。その前に晴明が現れ朱雀を手中に収めると宣言してきます。

当然ながら拒否する朱雀ですが朱雀に新しい器を与える、と言った晴明を面白いと感じ朱雀は二つに分かれます。
そうして器に入り込み生まれたのは…


壱号、弐号の誕生話ですね。
触るもの全てを燃やしてしまう二人にとってこの器での姿は花も触れる…嬉しかった事なんですよね。
まさかの弐号くんが鳥みたいなのは失敗だったんだね。その後の名前決めとか相変わらず賑やかで楽しかったです。晴明様一家、楽しいねほんと。

壱号くんが最初に触った花…姫紫苑。この花言葉は「素朴で清楚」だ、そうです。



これが集める事ができる3つの物語ですね。

EDはここにきて恒例笛教室!
笛を吹く壱号くんだから参号が教わる話とかないかな?とか思ってたんですがここで来るのね。

さっき壱号くんが口をつけた笛を参号は気にする事なくつけて吹いてたのに動揺する壱号くんが可愛すぎるだろ!!

炎に生まれてよかった。

この一言だけでもう、壱号くんよかったね!!



さて次は壱号くんの後日談予定です。中々おまけは集まらないねー。