学園キメラ~俺とお前と時々キメラ~の談話室です。


キャラのちょっとした会話を書いていこうと思います。
目指せ日刊ですが…ほぼ毎日更新という事で必ずしも毎日更新という訳ではないのかもですが、そこは申し訳ないですがよろしくお願いします。

注意事項や詳しい内容は追記に書いてあります。


意外と息が合うそんなコンビなのかもしれません。


▽以下オリジナル創作含みますので注意してくださいね






ほぼ毎日更新予定の、というか毎日更新したいなという感じのキャラ会話企画です。


*注意事項*
01.ほぼ毎日更新を心がけるためにほぼ内容無しです
02.キャラの組み合わせは相変わらずのルーレットで決まるのでランダムです
03.私のキャラ把握、キャラ確認のための勉強復習記事になるのでそこはご了承ください
04.少しでもキャラをこれで分かり合えたらいいなと思っての企画です
05.キャラの変なやり取りでしかも短くてもOKって方のみどうぞ!
06.お題は診断メーカーで決定します
07.毎回2人組となります。以前当たったキャラも当たればまた参加します



大丈夫な方はどうぞ。
今回選ばれたのはこの二人でした!


*本日のゲスト 木郷アサヒ&獅音オトワ
お題「自己暗示」



アサヒ「ANGELOっていうユニットでキメラ界でアイドルやってます!樹芽羅学園2年A組在籍、ゴールデンレトリバーと木蓮のキメラの木郷アサヒだ。よろしく頼むね、オトワくん」

オトワ「はいっす。樹芽羅学園1年E組、獅音オトワだぜ。ライオンとカメレオンのキメラだな。全国の虫けらちゃーん!見てるかー!?」

アサヒ「おお、オトワくんもそんな掛け声持ってるんだな、まるでアイドルみたいだな!」

オトワ「俺の場合は男限定ですけどね。ところで木郷先輩は、ファンは何て呼ぶんですか?俺の場合虫けらちゃんですが」

アサヒ「おれ?ANGELOはファンの事は天使ちゃんって呼んでるな。なんだろ…このセンス」

オトワ「先輩が考えたんじゃないんですか?」

アサヒ「ああ、マネージャーだよ。考えたの。おれはこういうの考えるの苦手だしね。作詞は得意だけど」

オトワ「そうなんすか!いやー、今回お相手が木郷先輩でよかったっすよ。もし女子相手だったらこの談話室出来ない位置まで遠ざかって話すしかなかったし。いや、会話も出来ないな」

アサヒ「君、そんなに女の子苦手なんだね…。えっと、お題は…自己暗示?」

オトワ「俺はやっぱり女子が目の前に現れたら咄嗟に逃げられないから、女子を飛鳥と思うようにして乗り過ごしてるな。これは飛鳥、これは飛鳥…って」

アサヒ「それ自己暗示か?まぁある意味そうなのかな?」

オトワ「んで先輩は?何かありますか?」

アサヒ「おれはな、ステージに立つ前に、自己暗示というか、緊張をほぐすために、目の前のお客さん…いや天使ちゃんは野菜、野菜…って思うようにしてるかな」

オトワ「……それ、ファンを大切にしてるのかしてないのか微妙ですね」

アサヒ「あぁ、天使ちゃんは大切なファンだよ!でも緊張するから…やっぱり、ね。ケイマはそういうのは緊張しないんだよなぁ、羨ましい」

オトワ「アイドルって大変なんすね。俺にはぜってー無理だ」

アサヒ「まぁ女の子苦手な時点でね…無理だね」

オトワ「観客、男限定ならやってもいいかもな?」

アサヒ「それ色々危ないから!!」


+++++++++++++++++++++++++++++++++
久々になりましたね、申し訳ないです。
そんな今回はアサヒとオトワくんでした。この2人だとオトワくんが普通に話せるのでよかったよかったです。
アイドルと男好き…色々と濃いですね。


*今日の出来事*
昨日色々いぬぼくの動画を見てたんですが、昨日は蜻さまのお誕生日だったんですね。
蜻さま、好きです好きですよー!2期、いつか実現してくれないかな?

あとガルスタを買ったんですが、付録で薄桜鬼の斎藤さんだらけの冊子がついてて何故かツボってしまいました。
なんという斎藤好きにはたまらない俺得付録…さすが人気な斎藤さんですね。