オリジナル創作「瑠璃色イエスタデイ



これまでのキャラクターまとめです。



物語とキャラ紹介のまとめ記事になります。
随時情報は更新していきます。


この作品は瀬緒さんの「学園キメラ~俺とお前と時々キメラ~」の世界観とリンクしております。




※10/23 サクヤ追加


※以下からオリジナル創作を含みます。大丈夫な方はどうぞ
瑠璃色イエスタデイ







*物語*
「ぼくは、気づいたら家族になっていたんだ――」


気が付いたら自分が誰なのかも分からずに立ち尽くしていた少年とそんな少年と自分を重ねる少年の咄。
何か大切なものを犠牲にして、そのまま記憶をなくした10歳の少年と自分を存在意義がわからずに捨てられた過去を持つ14歳の少年。そんな二人はとあるきっかけでとある家族に出会う。

それは極道の一家、煉咲組だった。
記憶を取り戻し自分の探しているものを見つけることになった少年・トウマはそんな一家に身を置きたくさんの騒動に巻き込まれることになる。そんな瑠璃色に染まる昨日の物語。










*トウマ (とうま)
「ぼくは絶対に記憶を取り戻さなくちゃいけなんだ!」

439d7e5c.jpg



10歳。
キメラだが何のキメラなのかは不明。血液型、誕生日ともに不明。
一人称は「ぼく」。

この物語の主人公。
ある時間から過去の記憶を一切なくした少年。
キメラであるが自分がどんな力を持つのかも分からないまま力を暴走させていたところをキイチに助けられ彼のすすめから煉咲組へ身を寄せることになる。

性格は生意気な少年。ツッコミも担当するなど年相応よりもちょっと大人びたところがあるがシアがちょっと苦手だったり(恥ずかしがり屋)なところもあり年相応な部分も持ち合わせている。
助けてくれたキイチに一番なついていて一番安心できる人物だと思っているようだが、天然なキイチのお目付け役のような立場に。いわゆるいいコンビ。

記憶は最初は一切なかったが、徐々に部分部分を取り戻し、大切な人を失くしたことを思い出し、記憶を取り戻すとともにその大切な人を探すことになる。

トウマという名前はシアがつけたもの。漢字に表わすと「冬馬」。

イメージ声優さん:松岡禎丞さん
イメージソング:そして僕は…/榊原ゆい、Birth/喜多村英梨、melee/やなぎなぎ







*煉咲ホムラ (ねりさき ほむら)
「嘘じゃないよ、誰よりも大切だから言ってるんだ」

32cac348.jpg



14歳。
鷺とオオカミのキメラ。7月13日産まれ。AB型。
一人称は「俺」。

煉咲組に所属する少年。この物語のもう一人の主人公。
煉咲組の一人娘・シアを護衛する役目の一人。

8歳のときに煉咲組に拾われ、同い年のシアの護衛役として所属することになる。
性格は明るく飄々とした軟派。軽い発言が多いがその多くは虚言であり本音は大切な本心を見せれると信頼できる人物にしか見せない。よく嘘だからと軽く流す癖がある。
そんな性格のため皆をからかう立場ながらもその間に一線引いてるところもある。
幼い頃は秘密組織ごっこにシアから引き込まれ途中から参加。それが彼にとって大きなものとなっていく。そんな事もありリーダーだったチヤとは仲が良い。

8歳のころ、両親から捨てられた過去を持ちその両親ならび人間を強く憎んでいる。
自分以外を信じられない中、飢えた状態で倒れているところをシアの父親で煉咲組の頭領・シンノスケから拾われる。
名前はつけられていなかったが、出会ったシアから「ホムラ」という名前をもらい、何よりもシアとのつながりを大事にしている。漢字で表すと「焔」。

イメージ声優さん:神谷浩史さん
イメージソング:氷の月夜/Asriel、SCARLET KNIGHT/水樹奈々、片翼のイカロス/榊原ゆい、ハレのに始まりの日/神谷浩史







*煉咲シア (ねりさき しあ)
「絶対大丈夫だって、私は信じてます!だから頑張りましょう!」

0a6772e8.jpg



13歳。
ネリネと鷲のキメラ。2月1日産まれ。A型。
特殊能力で声を操る力を持つ。
一人称は「私」。

この物語のヒロイン。
極道の煉咲組の一人娘。皆からは「お嬢」と呼ばれている。
箱入り娘でありあまり外に出たことがないため世間知らずな部分が多々ある女の子。
優しく明るい性格だが少々天然なところもある。
趣味は歌うこと。その声は「鐘の歌声」と称されるほど美しいが、本人は人前で歌うのは苦手であまり歌わない。

幼いころ、力の暴発を止めるためにされた監禁がトラウマになっておりその時助けてくれたチヤに恩を感じている。そんな過去からか、同じ境遇を持つキメラを見捨てることができず、一人だったホムラと力が暴走したトウマを心配し彼らの力になろうとする。
過去のことから狭い暗い場所が苦手。
チヤから助けられた後、チヤが提案した秘密組織ごっこに参加し仲間というものを知るようになる。

ホムラと護衛の側近のマツリとは幼馴染。
同じく幼馴染のライバルの組の小森レッドに幼いころから片思いをしているが彼からはライバルとして見られていて、そんなことがありレッドとホムラは仲が悪い。
シア自身を助けてくれたチヤについてはリーダーのように子供のころのように慕っている。

マツリから教わった蹴り技が得意。
任侠心も大切にしておりそんないざというときには極道の一人娘らしい強さを見せたりもする。

レッドが好きだと言っているがトウマによるとそれよりチヤに恋してるように見えると断言された。
彼女の本当の気持ちは…?

特殊能力持ちであり煉咲家に代々伝わる「声」でキメラを操る力を持つ。声から出た超音波のようなものでキメラを催眠のように操る力。彼女自身はこの力を嫌っている。
身体が能力に似合わず産まれてすぐ暴走し、今後の暴走を防ぐためにずっと幼い頃から小屋に監禁されていた。


イメージ声優さん:喜多村英梨さん
イメージソング:アイヲウタエ/春奈るな、Anicca/原田ひとみ、many universes/やなぎなぎ、深愛/水樹奈々







*神坂キイチ (こうさか きいち)
「よかったっすね。君も今日から家族っす!!」

5985fa03.jpg



18歳。
イルカと蛍のキメラ。特殊能力で人間とキメラから記憶を奪いとる力を持つ。
3月2日産まれ、O型。
一人称は「僕」。

煉咲組の若くして幹部の青年。
トウマを助け煉咲組へ招いた張本人。
性格は明るく、天然なところがあり、よく年上のセンリや年下のトウマからツッコミをいれられる立場。そんな性格からかホムラからもからかわれる。
好きなことは食べること。とにかく年頃の男の子らしくよく食べる。語尾に体育会系のような「~っす」をつけるのが特徴。皆からは「キイ」と呼ばれる事が多い。

特殊能力を持っておりそれが原因で家族が崩壊。
それをきっかけに1年前に煉咲組に入ることに。その記憶を奪いとる力により幹部に上り詰めるほどの活躍を残したりもしている。

センリを煉咲組に来たころにとあるきっかけで助けたり、トウマをひろったり、自分の知らないところで誰かを助けていたり自分では無意識な優しさを持っている。
18歳だが、無自覚に記憶を1年ほどなくしている。本当は19歳。原因は特殊能力の暴走だと思われるが、本人は無くした1年間に気付いてはいない。

イメージ声優さん:木村良平さん
イメージソング:ずっと/佐香智久、Pray/水樹奈々、僕たちの歌/佐香智久、idea/eufonius








*無羽センリ (むう せんり)
「・・・ほら泣くな。男が泣いちゃいけないんだ」

e6874427.jpg



21歳。
毒蜘蛛とペンギンのキメラ。12月15日産まれ、O型。
一人称は「俺」。

煉咲組の一員。
キイチと仲が良く二人でよく任務につくことがあり名コンビとして扱われることが多い。
性格は無口でクール。しかし言いたいことはズバッと言う毒舌な部分も持っている。

長い髪をお団子にして結んでいるためホムラからはよくセンリちゃんとして呼ばれからかわれることが多い。しかし彼は気にしていないよう。
好きなことはホラー映画鑑賞。もちろん任侠映画も好き。しかし泣ける感動映画などはすぐに泣いちゃうので苦手。

トウマとよくつるむこともあるが10歳も年下の子供相手にどう接したらいいのか分からないところもある。

煉咲組に来たころは荒れていて手がつけられない状況の中、それを救ったのがキイチでありそれ以来キイチと仲が良い。

イメージ声優さん:小野大輔さん
イメージソング:Butterfly/ON/OFF







*千環 マツリ (ちわ まつり)
「お嬢様に手を出したり嘘をはくのはこの私が許しません!」

0250af79.jpg



15歳。
犬とルリマツリのキメラ。7月5日産まれ。A型。
一人称は「私」。

この物語のもう一人のヒロイン。
先祖代々、煉咲家に仕えてきた千環家の長女。
兄がいるが煉咲家の子供が娘だったためマツリがその役目を引き継いだ。そんな家柄からシアのことを「お嬢様」と呼び慕う。

文武両道であり剣道が得意。
性格は生真面目。しかし真面目すぎて冗談が通じずよくホムラからからかわれることが多い被害者でもある。

剣道は煉咲組の一員、コハクから習ったもの。その師匠であるコハクが好きで、初恋相手である。

幼いころは自分の家のしきたりを理解できなくシアとの関係は悪かったが、あるきっかけでシアを一番に思うようになり慕い守るようになる。

イメージ声優さん:早見沙織さん
イメージソング:夢幻-a ture love tale-/黒崎真音、夢幻/水樹奈々、さよならのこと/上原れな









*小森レッド (こもり れっど)
「跡取りはこの僕です。僕に逆らうなんて無駄ですよ、無駄」

038272a6.jpg



一人称は「僕」。15歳。
4月18日生まれ。
コモリガエルとテントウムシのキメラ。特殊能力で無効化の力を持つ。
煉咲組と友好関係を結ぶ小森組の跡取り候補。
力として同等の兎影組の若頭キョウカとは勝手なライバル関係。

性格は沈着冷静で、少々毒舌家。
正義感は強いが、残虐性もあり、組を率いる才能は持ち合わせている。

シアの幼い頃からの片思い相手。しかしレッド自身はシアをライバルとして見ている。
そんな経緯からホムラから徹底的に敵対心を剥き出しにされ二人が会うと喧嘩がはじまる。

幼い頃はシアやホムラやマツリやキョウカとは仲が良く、チヤをリーダーにしたヒーローごっこに参加し秘密組織を作り遊んでいた。
しかし中学生になってからは家同士のいざこざを知り、組の事を一番に考えるようになりその友人関係は崩れる事になる。

突然現れたトウマに怪しさを感じよくトウマとは言い争いになる事もしばしば。トウマ自身も出会った時に殺されかけた事から怖い人だと思っている。

特殊能力の中でも最強な無効化の力を持つ。
それは一握りのキメラしか知らない力でこの力で彼は小森組の頂点に立とうとしている。

イメージ声優さん:阿部敦さん
イメージソング:黎明-reimei-/黒崎真音、愛のWarrior/GRANRODEO、Sequentia/Asriel








*斑目チヤ (まだらめ ちや)
「ほら、手。怖くないから、出せよ」

7336042b.jpg



一人称は「オレ」。16歳。
10月1日生まれ。
ダルメシアンとプレーリードッグのキメラ。

この物語の隠れ的もう一人の主人公。
小森組所属のレッドのお目付け役。
性格はレッドと同じく沈着冷静だが、そんなに冷酷非情ではない。
嫌いなものは薬品で、そのにおいをかぐと必ず吐いてしまう。
特殊能力で人の嘘を見分ける力を持つ。そのためホムラの嘘はチヤには通じない。

幼い頃は一番年上な事もあり、一緒に遊んでいたメンバーではリーダー的位置にいて、個性あるメンバーをまとめていた。
8年前、力の暴走で監禁されていたシアを救いだし、そんなシアを受け入れてレッドとキョウカを含めた4人で秘密組織を作りシアを“仲間“にしてくれた。そんな秘密組織ごっこを作った張本人でリーダーである。
その後皆バラバラになってしまうが、煉咲組の上に立つシアのことは今でも守ってあげたいと思っていて、大切に思っている。
そんな関係とホムラはリーダーとしてチヤを慕っていたためチヤとは仲が良い。

小森家の側近斑目家は当主には嘘を見分けられる特殊能力を持ち、その力を今はいない父親から引き継いでいる。

イメージ声優さん:杉山紀彰さん
イメージソング:奏愛カレンデュラ/Ceui、Once/原田ひとみ、キミのそばで/mao







*兎影キョウカ (とかげ きょうか)
「君が新しい仲間・・・いや、家族?」

1fe467ea.jpg



一人称は「僕」。14歳。
7月19日生まれ。
ウサギ(ロップイヤー)とトカゲのキメラ。

兎影組の若頭。
性格は見た目通り優しくおとなしいが怒らせると怖く、組をまとめる才能を持つ。

見た目は女の子に見えるためはじめて出会った時トウマは女の子だとキョウカを間違ってしまった。

幼い頃はチヤを中心にした秘密組織ごっこにも参加しており、仲が良かったが、中学生になりレッドとライバル関係になり、段々その秘密組織ごっこは解散する形になってしまった。

優しくしてくれた事でトウマは懐いているが、ホムラはあまりキョウカの事は好きではないよう。

イメージ声優さん:代永翼さん








*鷹裄ハクア (たかゆき はくあ)
「わかってるよ、そんな事!おれに任せておけって!」

e21d26e0.jpg




一人称は「おれ」。15歳。
4月8日産まれ。B型。
トビウオと鷹のキメラ。

小森組の組員。
レッド側につくメンバーであり、得意なのは詮索。キメラ能力を使い詮索をし、特攻隊に力添えをするのが主な役目。年齢は若いながらも信用される立場にいる少年。

性格は基本的に熱血だが、基本的には馬鹿。よくからかわれては反発してしまうような性格ゆえ、可愛がられている。
年齢の割には幼く見える外見と、頭が馬鹿な事につっこまれるのが弱く、逆ギレする事も。

ビャクヤとは従兄弟の関係。とある事がきっかけで4年前、小森組に入った。レッドに見込まれてレッド側につく事になる。
人を寄せ付けない性格だったが、秘密組織ごっこをしていたチヤとシアから誘われビャクヤと共に秘密組織ごっこに参加し、心を開く。
意外とホムラと仲がよく、秘密組織が解散した後もよく二人でいるほど仲が良い。シアも妹のように可愛がっている。

イメージ声優さん:柿原徹也さん
イメージソング:リンクス/三澤紗千香







*浅衣 ビャクヤ(あざい びゃくや)
「はいはい、わーった。お前に任せるよ」

717f23a6.jpg



一人称は「俺」。17歳。
3月4日産まれ。B型。
アザラシとトビウオのキメラ。特殊能力で丸く小さなものを素早く飛ばし銃弾のようにする事ができる。

小森組の組員。
ハクアと同じくレッド側のメンバー。
狙ったものは外さない。かなりの動体視力を持ち、護身で持ち歩くモデルガンで攻撃する。そのため特攻隊に属する。

性格はクールだが年に比べたら幼い部分も持ち合わせている。
よくうるさいハクアの落ち着かせキャラクターである。

従兄弟であるハクアと共にとあるきっかけで家を出て4年前から小森組に属する事になりレッドから才能を見込まれレッド側の組員となる。
組員に入った直後からハクアと共に秘密組織ごっこに参加するが、ハクアが段々心を開いていく様子をみて安堵していた様子。

イメージ声優さん:鳥海浩輔さん
イメージソング:慟哭の雨/GRANRODEO






*蘭牧コハク(らんまき こはく)
「僕はそんな事は知らないんで。好きにやらせてもらいますよ」

abee71af.jpg



一人称は「僕」。23歳。
1月30日産まれ。AB型。
胡蝶蘭とカマキリのキメラ。

煉咲組に属する幹部並の腕の持ち主。幹部の仕事は嫌だからと組員の一員として属している。煉咲組の特攻隊の一員。
武器は日本刀。手入れも欠かせない。

性格は無口で残虐性があるが根は優しいところはあり仲間は大切にするが敵には厳しいところがある。
口調はいつも敬語風。


剣道が特技であり、幼いマツリに剣道を教えた師匠でもある。マツリはそんなコハクに憧れていた。マツリの初恋の相手である。

イメージ声優さん:鈴村健一さん
イメージソング:Ordinary/二之宮悠斗(鈴村健一)、PARANoiA/美郷あき、Metamorphose/Asriel、その声を覚えてる/河野マリナ






*遮下ヒジリ(しゃげ ひじり)
「あははーわかってるって。オレはお嬢大好きだからねっ!」

a8415963.jpg



一人称は「オレ」。16歳。
8月10日産まれ。B型。
シャチとひとでのキメラ。特殊能力で周りにいるキメラや人間を惹きつける能力を持つ。

煉咲組に属する組員の1人。キイチとセンリの下の位置の立場であるためまだ新米。
軽い性格でいつも笑っておりそれがへらへらしてるように見えるのもしばしば。女の子大好きで組にいるシアやマツリにもよくナンパをするがそのたびにマツリから殴られ、シアからは天然スルーされ玉砕している。
しかし任務の腕は一人前。得意とする剣術はコハクには及ばないがかなりの腕前。しかしその明るく間が抜けた性格のせいでよくかっこよくきまりはしない。
そのためキイチとセンリとの他にもコハクと一緒に仕事につく事が多く、良いコンビのよう。

煉咲組に入る前は人間界でモデルの仕事をしていた。
半年前に煉咲組に入る。煉咲組に入ったきっかけは勧誘。
それゆえにモデルを辞めることになったがそれは彼自身は後悔はしてはいない。
そのモデルの仕事が特殊能力の惹きつける力のおかげであると知り、暴走した力を抑えるためにモデルを辞めて煉咲組へ。
コハクの厳しい稽古の元、剣道の才能を開化させる。

よくシアにちょっかいを出すためホムラから敵対心を持たれている。彼が本気なのかそうなのかはまだよくわからない。

イメージ声優さん:鈴木達央さん
イメージソング:Just a Survivor/鈴木達央、Grow Slowly/井口裕香







*虎囲カナタ (こかこい かなた)
「・・・っつ!だから、お嬢は苦手だってそう言ってんだろ!!」

d876f1d8.jpg



一人称は「俺」。19歳。
9月23日産まれ。B型。
虎とカブトムシのキメラ。
煉咲組の一員。コハクの下につく組員でありコハクを尊敬している。
得意なのは空手。素手で闘う事に定評がある。

性格はツンデレ。女性嫌いで、女性恐怖症のためシアとマツリが苦手だがコハクがマツリを気に入っているためよく被害にあう。
男性の前でははきはきと物事を言える性格でコハクから可愛がられていることも。しかしヒジリとは気が合わないらしくよく喧嘩する事も。

煉咲組に入ったのは3年前。
女性恐怖症なのは入る前の生活のトラウマからである。

イメージ声優さん:江口拓也さん
イメージソング:DARK SHAME/GRANRODEO







*貫雨レン(ぬきさめ れん)
「僕だって組の力になるため、尽力します、力になります!」

cf128849.jpg



一人称は「僕」。18歳。
11月3日産まれ、A型。
サメと狸のキメラ。特殊能力で自分の存在を周りから見えなくする力を持つ。

性格は真面目な頭脳派。
その特殊能力で周りを察知するのが主な仕事で、特攻隊のコハクの下の部下になる。
天才な真面目で頭脳派故に頭が固いが、一度照れたら真っ赤になったり一度キレたら手がつけられなくなったりする。
好きな事はパズル。頭の体操のため。

4年前に煉咲組に入るが、入ったきっかけは特殊能力の暴走。特殊能力を使うのは嫌がっていたがコハクからその力の意味を諭され、組のために力を使う事を誓う。

頭脳派な真面目故にシアにもお嬢として接し、学校に通っていないシアやマツリやホムラにもよく勉強も教えてあげたりもしている。IQ160の頭脳を持ち、中学時代で大学卒業課程を修了している。

イメージ声優さん:岡本信彦さん
イメージソング:カナリア/GRANRODEO








*不破ハル (ふわ はる)
「お嬢はそんな事を気にする必要はない、安心して」

3e76cccb.jpg



一人称は「俺」。20歳。
4月20日産まれ、A型。
フラミンゴとデイジーのキメラ。特殊能力で言霊の力を持つ。些細な簡単な物理的な事だけだが言った事が現実に起きる。

煉咲組の一員。
同じくコハクの下に就く、カナタとレンとあわせられ3人組として扱われる事が多い。

性格はツッコミ系の真面目な無口。よくカナタとレンのツッコミに回る事も。それも淡々にツッコむため、調子が狂わされるのもしばしば。

煉咲組のお嬢であるシアを大切にし、トップの位置にいるキメラとして慕う。が、順位的には一番がシンノスケ(シアの父)で次にシア。次にコハクとなる。

煉咲組には6年前から所属。
特殊能力があるからと孤児院にいたハルを見込んでシンノスケがここに誘ったのがきっかけ。

イメージ声優さん:浪川大輔さん
イメージソング:Double Eyes/瀬名







*桐霧ソウマ (きりぎり そうま)
「僕は隠密専門の忍だ。だから、寂しくなんて、寂しくなんてないんだぞっ!」

a414fad3.png



一人称は「僕」。二人称は呼び捨て。
3月31日産まれ、O型。
馬とムササビのキメラ。特殊能力で物に魂を宿す事ができる。が3分しかそれはもたない

煉咲組の一員。隠密に所属。15歳。
15歳にしては妙に寂しがり屋で照れ屋な部分を持つ少年。
基本強がりな意地っ張りであるが素直で寂しがり屋なため可愛い性格。語尾に「~だぞ」と付けるのが口癖でそれもありさらに身長が低いため幼く見える。身長は160センチ。

煉咲組に入る前は有名だった忍の一族の跡取り息子だったが特殊能力持ちのため一族から迫害され、監禁されていたのをシアの父、シンノスケが助けだし煉咲組に住むようになる。
そんなシアと同じ境遇のためかシアに妙に懐いていて、シアが大好き。

監禁されたトラウマからひとりになるのが怖く、寂しがり屋。
子供っぽい性格もその監禁のためであるがそんな性格から組の皆からは可愛がられている。

煉咲組のこれからを担うために忍びを学ぶため樹芽羅学園の忍者クラスに半年前から通っている。高校1年生。
が、寂しがり屋なため休みになるたびに組に帰ってくることが多かった。
トウマとは慰労会の時、帰省した際に出会う。

イメージ声優さん:下野紘さん
イメージソング:冷たい部屋、一人/小松未可子、DESIRE/美郷あき、VOICE/ZAQ







*千環マユキ (ちわ まゆき)
「お嬢様!私は君に会いたかったです。もちろん、我が妹であるマツリにも、ですよ?」

83590e24.png



一人称は「私」。二人称は基本呼び捨て。シアのみお嬢様。
9月20日産まれ、A型。
犬とルリマツリのキメラ。

千環家の跡取り息子でマツリの兄。18歳。
樹芽羅学園ではないキメラの学校に通い卒業し今は大学1年生。
世話焼きな性格はマツリと同じであり仕えるはずだった、仕えていたシアに異常な愛情をみせる。
そんな為マツリとホムラから要注意人物として認識されている。シアを溺愛しており、将来はシアの犬になりたいと思っているほど。
シアに関わるとデレな性格になるが基本真面目でしっかりとした跡取りらしい青年。でもシアが関わると残念な事に。

シアが産まれるまでは生まれるであろう煉咲家の跡取り息子に仕えるためにと厳しく育てられたがシアが産まれ前代未聞の女子だったために、マツリがその役目は受け継ぐ事に。
マツリが就くまではシアの護衛を務めていたがシアが基本小屋に監禁されていたためあまり仕事はなく寂しそうなシアの話し相手程度にしかなっていなかった。そしてシアを適当にあしらうようにもなる。
そんな中、マツリが護衛につかなければならない事になりそれによりシアを恨みもしたが、シアの心の寂しさと優しさに触れて改心、シアを溺愛するようになる。

煉咲家とは離れている千環家の本家に住んでいるため、離れているが用があるたびにシアとマツリに会いに来る。


イメージ声優さん:細谷佳正さん
イメージソング:守護神PARADOX/美郷あき








*鳴宮サクヤ (なるみや さくや)
「サクヤは…受け入れてもらいたい…です」

39f900b8.png



一人称は「サクヤ」、二人称は「~さん」。シアの事は「お嬢様」、レンの事は「貫雨様」または「レン様」、レッドの事は「レッド様」、キョウカの事は「キョウカ様」と呼ぶ。
4月3日産まれ、牡羊座。
鈴虫とアネモネのキメラ。

レンが出会った謎の少女。16歳。
感情起伏があまりなくぽやぽやした性格な女の子。
レンと出会うまでは喫茶店で住み込みでバイト生活をしていた。
レンと出会う事で、煉咲組に住み込む事になる。
謎が多い少女だが、唯一わかってる目的は兄2人を探しているという事のみ。

煉咲組では住み込みで家事全般の仕事をこなしている。


イメージ声優さん:三森すずこさん
イメージソング:snowdrop/春奈るな





*風藍アカリ (かざみ あかり)
「あなた達が、幸せになれますように」


トウマが思い出した記憶の中にいた少女。トウマの姉。
思い出した記憶から、キメラフィーネ女学院3年、生徒会長だったと思われる。
トウマが忘れた記憶を思い出したら絶望するからもしれない、それでも助けたいと思うなら私を救って…とトウマに告げていた。


イメージ声優さん:名塚佳織さん
イメージソング:キズナノユクエ/ユピテルの姉妹、プリズム・サイン/eufonius









*ラピス・ラズリ
チヤが作った秘密組織の名前。
瑠璃色イエスタデイ舞台から8年前・チヤ8歳、シア5歳、レッド7歳、キョウカ6歳の時にチヤがシアを助けるため、レッドを輪に入れるため、何よりチヤが逃げ出しそうな自分を救うため作った秘密組織。
初期のメンバーはリーダーはチヤ。隊員はレッド、キョウカ、シア。
後にマツリ、ホムラ、ハクア、ビャクヤの順に隊員が増えていく。
が、結成から7年後。とある事がきっかけで解散となってしまう。
シアはこのラピス・ラズリを大切に思っている。ちなみにラピスラズリの意味は「瑠璃色」。





*特殊能力
キメラの中でも稀にある、キメラ能力とは違う特別な力。稀な力であり、その特殊能力を持つキメラは異端として蔑まれてきた歴史がある。
能力の種類は主に物理的能力(自分から物理的に起きる力)、精神的能力(自分の身に起きる力)、視覚的能力(力を使う自分ではなく目に映る相手に影響がある力)、能力上昇能力(自分のキメラ能力の力を上昇させる力)の4つに分けられていて能力開化は個人差があり大人になって現れるパターンや、生まれつき持つパターンもある。
最強と言われるのは特殊能力を沈静化させる無効化。しかしその力を持つキメラは表に出ないと言われている。
特殊能力は自分で操れるようになると便利だが普通のキメラには未だに珍しく、異端とされる扱いは変わらない。




*キメラ・特殊能力の暴走
キメラ能力と特殊能力が自分の身体に合わない数値で身体の中に充満した際、暴発する能力の事。
主に気が高ぶった際などにキメラ能力が暴走する事が多い。
特殊能力持ちは自分の意志関係なく突如暴走し、勝手に力を放出している場合もある(例:ヒジリの惹きつける能力)
暴走を止めるにはその主を気絶させるか、能力を相殺させなければならない。
古来から伝統あるキメラの一族では幼い頃に力が暴発し、それを治すために幼い頃から小さな小屋に監禁し、能力暴発が収まるのを待っていたという事例もある(例:シアの特殊能力暴発時の監禁など)




*雪月花
キメラ界の三大極道組の総称。
それぞれ家紋がその3つからなるために付けられた。雪は小森家、月は兎影家、花は煉咲家をさす。












足りない情報は後々追加していきます。