いつからだったでしょうか。

「6」という数字を見るだけで…
赤、青、緑、紫、黄、桃の色を見るだけで…
「松」という単語を見るだけで…


なんだか嬉しい気持ちになるようになったのは。
という訳で。

ニート達!お誕生日よ!

本日5月24日はおそ松くん、おそ松さんの六つ子たち
おそ松
カラ松
チョロ松
一松
十四松
トド松
の、お誕生日です!お誕生日おめでとう、六つ子ちゃん!!


69255293.png

という訳で。BDを引っ張りだして11時くらいからずっとおそ松さんを見直していました。
ケーキも買ってきて(生まれてはじめてキャラにケーキを買った気がする)それを食べながらお祝いです。
おめでとう、六つ子ちゃん!


と、こんな風になるまで未だにハマってます。
というかアニメ終わってからがまだ熱が上がってきてるような気もしますね。どんだけ好きなんだよ、と自分に問いたいくらいです。

実はですね。
このおそ松さんを観るまで、最近アニメを観るのをやめようか。とアニメ離れしそうになっていたんです。
それが10月。この頃、アニメを観るのが苦痛というか、疲れたという感じで。凄く好きな作品もないし、このままだとアニメ離れして、声優さんはこれまで通り追いかけていくつもりでしたが一定の距離を保とうかなとか思ってました。
なんというかいろいろな事に疲れて、やる気を失っていた時期なんです。
それがこれですよ、おそ松さん。
冷めていたアニメ好きな心を一気に復活させてくれました。
何も考えないで観れて、終わった後も何も残らない。そんな簡単で気軽に見れてストレスもなく観れる。
これがすっごく楽しくて。一気にハマった作品でした。

個人的には完全にハマったのが2話でした。
あの1話の調子をずっと続けられていたらそんなにははまってなかったかなと。
2話の作画と、あの感じがすっごく好きなんです。特にデリバリーコント。あとあの絵柄がいいんですよね。
正直F6よりいつもの六つ子が大好きでして。
そんな訳でこの話のおかげで今私はおそ松さんにどっぷりなんですけどね。
という訳で2話を観終わり、3話が始まるころにはある程度には六つ子を見分けられるようになってました。
3話の時点でもう見分けきってたと思います。その一週間の間に革命が起きた気分でしたね。

あんなニート達のどこに魅力があるんだ?と問われると中々に難しいのですがもう私くらいになると…

すべてが愛しい

これが結論になるわけで。なんでか、あのクズさが可愛いんですよね。
個性がバラバラなそして何だか憎めないそんな可愛さがあって。
それがあの絵柄だから更にいいってのもあるんだと思います。
話もまるでお笑いのコントを観てるような感じで笑いながら見れますし、更に実力のある声優さんがそろって名演技をされてるのでそれもあり面白いって感じですかね。
おそ松さんのあの六つ子たちはあの声優陣じゃないと、もうそれ以外は考えられないですね。


そんな六つ子ちゃんたちのお誕生日。きっと誰もが一年前にこんな事になろうとは思ってないでしょう。
私も思ってませんでした。全然予想してませんでした。まさかこんなにハマるとは。
まさかこの時期になって赤塚先生の漫画を買う事になろうとは。「おそ松くん」にもハマって読む事になろうとは。

この半年間以上、六つ子ちゃんたちにはたくさんの「笑い」と「楽しさ」と「笑顔」を貰いました。
大袈裟かもしれないけど、本当にこの頃はリアルで落ち込み方向で。そんな中彼らからは「元気」と「勇気」も貰えた気がします。
だからこそ、私はこのおそ松さんが大好きで、大好きになったきっかけである六つ子ちゃんたちが本当に大好きなんです。

六つ子に産まれてきてくれて、ありがとう!
なんだか観たくなったのでカラ松と十四松のあの屋根の上での歌を聴きに行こうかなと思ってます。
2期情報とか全くないし、でもグッズは出るし、BDはやっと半分だし、来年にはゲームもあるし(もちろんすでに予約済)、アプリのゲームもあるし、ドラ松もあるし。色々とまだまだ楽しめていけそうです。
松ロスを怖く感じてたけど、この間のフェス松で何だか吹っ切れたというか、というかあの時期に東京にイベントに行ったのもおそ松さんだから行けたんじゃないかなと思ったりもしてます(笑)。

まだまだ展開が待ってるおそ松さん。
しかし、2期情報いつでもどこまでも待ってますので!またあのスタッフさん、キャストさんで新しいおそ松さんの話を観れる日をいつまでもずーっとずっと待っています。
改めて…

六つ子ちゃんたち、お誕生日おめでとう!
これからも変わらないでクズでニートで仲良しな六つ子でいてください。
そんな君らがずっとずーっと大好きだよ!!


※六つ子に産まれたよは名曲ですよね。そんな訳で六つ子ちゃんお祝い記事でした。おそ松さんでした!