フルーツバスケット 13話「元気でいたかな? 我が弟よっ」の感想です。


ついに登場!
登場するのをずっと待っておりました、相変わらずの破天荒っぷりですね。
そんな訳で由希の兄・綾女の登場回になります。

ようやくマブダチトリオ揃いましたね!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*第13話「元気でいたかな? 我が弟よっ」
39ef220d.png

透は由希の秘密基地から帰ってくる途中に、脱ぎ捨てられた服を見つける。
すると、何かが足元から体を這い上がってきた。
透の悲鳴を聞きつけた由希が目にしたのは、一匹の蛇。
なんと、この蛇の正体は十二支のひとりで由希の実兄、草摩綾女だという。
だが、由希は自分本位で王様気質の綾女とは反りが合わないようで……。


由希の秘密基地の家庭菜園も順調。
透くんのために育てたイチゴの事を伝えると透くんが嬉しそうでほんと由希くんも嬉しそうな表情をしててほんわかしました。
しかし!先に家に帰る透の服の下に入ってきた蛇!透の悲鳴を聞いた由希はその蛇を見て…。

一方夾で遊ぶ紫呉にほんわかな気分になりながら(夾の苦手な食べ物ばかり集めてるのほんと面白い)、透の帰りを待つのですがそこでやってきた由希は捕まえた蛇を紫呉に差し出します。丸焼きにされるあのセリフ覚えてますね、綾女回ほんと大好きです。
9f9ea0b0.png

という訳でその蛇は草摩一族の十二支のひとり草摩綾女
十二支は巳で、寒さに弱く弱ったら蛇に変身してしまうのだと。
だからといって透の服の中に入った罪は深いぞ…!
そんな綾女。実は由希の実の兄で見た感じ兄弟仲は悪そうで…。
仲悪いというか久しぶりの再会ではしゃぐ綾女と紫呉に凄くいいツッコミを入れてくれる夾がこの回たまらなく好きです。

浮気なんてしてなかっただろうね?ぐれさん
君という人がいながらそんな事する訳ないだろう?あーや

この毎回の謎の言い合いほんと好きです、何がよし!なんだろう(笑)。
自分のマイペースっぷりで周りを振り回す綾女。結局は由希達の反対を押し切って透を連れ出してしまいます。

透に餃子定食を奢ってくれるのですが、その際綾女は透に自分の本心を話てくれます。
71dc2282.png

不思議な事に年を重ねていくと子供の頃には理解(わか)らなかった事が理解(わか)ってくるもんなんだね
昔、由希は幼い頃から慊人に幽閉され、そんな由希を助けようともしなかった綾女。
その結果兄弟の仲の溝は深まり、仲が悪くなった…と。それを大人になって気付き綾女は後悔した訳で。
今回も透に会いにきた訳ではなく、慊人に会って落ち込んでいるであろう由希を励ましにきていたのでした。

そんな綾女に透は昔に今日子さんから教えてもらった事を話します。

子供の頃感じた気持ちをちゃんと忘れずにいれば、大人になっても親になっても理解しあえる。100%は無理でも歩み寄る事は出来る…って

綾女を応援する透の言葉に関心する綾女。綾女の中で透がお気に入りになる感じ…いいですよね。
言いたい事を言ってくれる素敵な人。それが綾女が受けた透の印象だったのかな。
1198b4c0.png

帰り道また変身してしまい、こっそりまた透の服の中で由希の本音を聞いていた綾女。
由希は綾女を嫌ってるよりは苦手だと意識していて、透もどうすれば溝が埋まるのか考えるのですが綾女は何日も紫呉宅に泊る事に…そして由希と夾が苦労する訳で。
こっそり夾の布団で寝てたシーンがほんと好きです(笑)。夾くんは愛されてるなあ(笑)。

しかし由希はどんどんと疲れてきたようで。
学校で見かけた由希の様子がおかしい事を撥春は知ります。そして紅葉から透は綾女は外の世界でウエディングドレスやナース服を売ってる店を経営している事を知ります。綾女のほんと訳が分からない感好きですね。

帰宅してもやっぱり綾女はいる訳で。透を守るために由希と夾は一緒に帰ってくる訳ですがやっぱり綾女のpペースに巻き込まれていきます。綾女と紫呉とはとりの過去の高校時代のアルバムを見ながら綾女の話をするのですが…長髪を認めさせるための王族の話…ほんとあれ懐かしいですね。旧アニメのあのシーン大好きでした。

そして実は綾女は生徒会長をやっていたという事実を知るのですがカリスマ生徒会長だったみたいですね。はとりの苦労が目に浮かぶ…。
綾女の生徒会長のお仕事…男子生徒を助けるために放った「欲情すればいいっ!!」がほんと強烈すぎて。
655eadcc.png

綾女の武勇伝を聞くのですが溝は深まるばかり。
ここの由希の笑顔の「でていけー」が凄く好きです。
b3841bda.png

場が収まらなさそうな状況に現れたのは…はとり。
撥春から綾女を連れて帰ってほしいと頼まれてやってきたようですがはとりの言う事はちゃんと聞いてあの台風のようだった綾女は一旦はとりと帰っていきます。
e39e236c.png

綾女ははとり人として尊敬してて好きなのだと。だからはとりの言う事しか聞かないみたいで。
でもそんな綾女の事は尊敬できると語る由希。

他人の事ばかり一生懸命になったり、ボクはそういうのに本当…弱いなぁ……
自分にない者を持つ人に対して……素直に好意を示す事ができるのは凄い……と思う

ここの対比ですよ。
綾女は素直にはとりを尊敬できると言えて、由希は夾に対してそれが言えない。
その事に対し凄いと思えるといえる由希くんに透くんは安心します、きっと兄弟仲は元に戻る、と。
最後にはとりに綾女を連れて帰れと言ってくれた撥春に由希がお礼を言うのですが、言われて笑顔になる撥春が凄く好きですね。由希も変わってきたんだな、と。


さて次回はついにきました…紅葉のあの泣ける話の回。
あの回は旧アニメで何回見ても泣いちゃう話なのですが…今回も泣くんだろうな。そして恐らく墓参りの話もあるかな?次回も楽しみです。