フルーツバスケット 8話「行ってらっしゃい」の感想です。


1話のタイトルが「行ってきます」で、この8話のタイトルが「行ってらっしゃい」。
この対比が凄くいいですね…透くんの「行ってきます」から今回は「行ってらっしゃい」。
うん…凄くいいと思います。フルバの中でも凄く好きな話だったのでまたアニメで観れて嬉しいですね。

そして!撥春!!待ってたよ!!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。
*第8話「行ってらっしゃい」
aa9fc47d.png

年の暮れ。
帰る場所のない透は正月もこの家にいさせてほしいと紫呉にお願いする。
紫呉はもちろんと認めるが、草摩家は正月に一族が集まってお祝いをするしきたりがあるという。
本家に帰りたくないとゴネる由希と夾に、留守は自分にまかせて帰りを待っている両親に会いに行くよう透は促す。
由希達は仕方なく家を出るが……。


もうすぐ大晦日。
花ちゃんと魚ちゃんと一緒に買い物に出掛けていた透くん。
大晦日はどう過ごすのか聞かれて、透くんはおじいさんの家には帰らないという事で紫呉さんの家にいさせてもらおうと思っていると2人に言います。
花ちゃん魚ちゃんは今日子さんが亡くなってはじめての大晦日…花ちゃんは透くんの電波が乱れていると言いますが…。

そんな訳で大晦日。みんなで大掃除をするのも嬉しそうで楽しそうな透くん。
和やかな雰囲気で大掃除も終わった中、透くんは由希くん達3人から大晦日から草摩の本家へ帰る事を知らされます。由希くんと夾くんもあまり帰りたくなさそうですがひとりでも平気だ、と。

「久しぶりにご両親にもお会いになるのでしょう?きっとお二人が帰ってくるのを待っていらっしゃいますよ」

もう透くんは母親と会える事ができない…。この透くんの気持ちを汲み取った由希くんと夾くんは草摩本家に帰る事を決意します。

透くんに見送られ本家に帰ろうとする3人ですが由希くんと夾くんはひとり透くんを残すことを凄く心配します。
まるで子持ちの主婦のような会話がほんと可愛い2人ですね。
しかしそこで花ちゃん登場!
花ちゃんは言います、透くんは凄く今日子さんが亡くなってからはじめて過ごす大晦日…どんな気持ちでいるのか?その言葉ではっとした2人。あの時見送った透くんはどんな気持ちで笑顔で手を振っていたのか…透くんは本当に平気なのか?
その言葉ではっとした由希くんと夾くんは透くんの元へ走り出します…!
dadbc53d.png

「「帰るんだ!!」」
全力疾走で帰る2人…これも花ちゃんの透くんを想っての作戦だったんでしょうね。
この花ちゃんがいい仕事したんだよなぁ…花ちゃんの透くんを想う気持ちが強いのが本当に好きです。
去り際の一言もいいですよね。

走って帰る途中も2人は透くんの事を考えます。
どうして気付く事が出来なかったんだろう…そう思いながら全力疾走でたどり着いた家で目に入ったのは泣いてた透くんでした。やっぱり自分の気持ちを押し殺し見送っていた訳で…そんな透くんを見て安堵する2人。
ここの2人がほんとにほんとに好きですね。それからの2人のただいまたまりません。

一方本家についた紫呉さんを出迎えたのははとりと撥春。

撥春待ってたよ!撥春!!
そして紫呉さんのはーさん、はーくん呼びが凄く好きですね。本人はややこしいと思っているようですが。
2人がさぼった事を聞いて、逃げ出したい気持ちも分かるという撥春…ここの台詞を聞くだけで色々くるものがありますね。そして今年の宴会のメインの紅葉!旧アニメではこの紅葉見れなかったので凄く嬉しかったですね。

そして慊人に会いに行く紫呉さん。
由希くんが来ないことでどう慊人は思うのか…
c840755e.png
83c31441.png

「いいザマだな、慊人」
この紫呉さんのシーンですよ…いい感じにぞくぞくっときました。

年越しそばを堪能し大晦日を過ごす透くん達。
魚ちゃんからも透くんが大丈夫か電話があり、本当に透くんは自分は幸せ者だ。と嬉しそうに涙を流します。
ここの魚ちゃんのシーンは原作にはなかったですよね?
これ魚ちゃんの家庭関係が観れて凄く嬉しかったですね。

そして初日の出を屋根の上で観ようと登った3人。
5d4b8fc1.png
dc84cf13.png

嬉しそうで楽しそうな透くんを見て、2人はサボってしまった事を少し罪悪感を感じていましたが本音はやっぱり透くんと一緒にお正月を迎えたかった
これが2人の本音だった、と。もうここのシーン本当に大好きです。透くんのために帰ってきたけど、でも本音は一緒にいたかった…うん、凄くキュンキュンしますね。

「今年こそクソねずみをぶっ倒すー!」
と叫ぶ夾くんが物凄く好きです、頑張れ夾くん…!!


*8話大好きな台詞集
フルバではたくさんの心に響く台詞が…名言や個人的に凄く好きな台詞が凄く多いのですがそれをアニメの感想のついでに紹介したいなって思います。心にくるものがあったり、泣けてくるものがあったり様々ですね。
では今回は…!!

*花島咲
「お母様と一緒にみた思い出でいっぱいでしょうに。今年はどんな気持ちでそれを見るの…?透くんはそれで平気なの?本当にそれで大丈夫なの?」

ここの花ちゃんの台詞本当に大好きです。
透くんを一番に考えてる花ちゃんだからこそ、花ちゃんのこの行動と言動が凄く好きですね。
その後の「よい電波を」も凄く好きです。

*草摩由希&草摩夾
「「…帰りたい今すぐ、会いたい!」」

由希くんと夾くんのこの「会いたい」がね…凄くよかったです。
強く想ってる感じが出てて…ここでまたキュンってきました。
2人の透くんを想う関係も変わってきたるんだろうなぁと思ったシーンですね。

*草摩由希&草摩夾
「「本音は…一緒に正月を迎えたかっただけなのかもしれないな」」

ここの2人の本音ですよ…。
少し照れ臭そうな感じな2人の表情も凄くよかったです。
やっぱりこのシーン大好きですね。


さて次回はついに撥春がメインで登場!
待ってました~撥春回!古川さんの撥春ボイス凄くよかったのでブラック春も楽しみですね…!!
次回の感想もよろしくお願いします。