SWEET CROWN ~午前三時のオカシな道化師~の感想です。
IMG_0468
TAKUYOさんのダークファンタジーの乙女ゲームのSwitch版が発売!
Vita版の評価を見て凄く気になっていたのですがそのVita版がかなりプレミアがついてて気軽に手に入れるのが難しく悩んでいた中の移植!TAKUYOさんありがとうございます!

今まで私はTAKUYOさんのギャグ系の作品が好きで主にそっち系ばかりプレイしてたのですがダーク系もいいなぁと気になってきましたね。それくらいフルコンプ後…頭の中から離れない作品になりました。

取り敢えず…クランとベリーが超絶にかわいい…!!


▽以下ネタバレ含みますので注意してくださいね。




*密原誠丞
CV.豊永利行

IMG_0473
「俺ね、キミに会った時からずっとキミのことが気になってた」
主人公同様、城に招かれた少年。
空気も読めて明るく快活、だけどちょっと残念系……という表面上の性格は作り物であり演技。
実際はどこまでも腹黒くとても要領が良い。
世渡り上手。女の子大好きの恋愛中毒者。

*恋愛心酔ナルシスト

公式お勧め順でトップバッターだった密原くん。
実は公式サイトなどの情報を一切見ないではじめたのですが、公式サイトの上記にも書いた紹介文がネタバレすぎて笑っちゃいました。公式みないでよかった…!

語尾に「~ッス」とつけた明るい今時の少年というイメージ。
だけどそのキャラがどこか薄っぺらいというか…惹かれる部分があまりなくただただ作り物の誰かが考えたような本心で彼が思っていないような薄っぺらい言葉を柘榴ちゃんに投げかけるのですが案の定柘榴ちゃんにも響いてなくて。
彼の言葉には「ここから早く出たいから早く柘榴ちゃんをスイートクラウンにしよう」という本心の方が透けて見えてたんですよね。だからこそ密原くんの事がこの時はあまり好きではなかったんですが、噂の密原くんの豹変シーン!これが噂のあのシーンかと!
何故か豹変するシーンの事だけは知ってたので何だか感動しつつも、密原くんの抱えていた過去と闇が明らかになるのですが…本当にこれは辛い過去で。

亡くなってしまった弟の影を両親はずっと追い求め、いくら自分が頑張って両親は褒めてくれても結局は自分が失敗してしまったらいない弟の影を追い求められる…今両親の側にいるのは自分なのにと。
もういない「弟」に劣等感を追い続けていたと。
だからこそ柘榴の弟になると宣言した久瀬くんに対し強いライバル心を持っていたり、自分が必死に努力して作り上げた完璧なモテるキャラを柘榴には利かなかった事が彼にとってスイクラ城にきた事で大きなターニングポイントになったのかなと。
自分は女の子に好かれる存在、振られる事なんてないと思ってた彼のプライドがズタズタにされるシーン…色々な意味で衝撃的でスイクラにハマった瞬間だったかもしれないです。

ありのままの素の密原くんを知っても寧ろその本来の密原くんを知り惹かれていく柘榴ちゃん。
それがまた柘榴ちゃんらしいですが、個人的にもあの作ったキャラより本来の密原くんの方が何倍も好きでしたね。
密原くんも柘榴ちゃんになら作ったキャラを演じる事もなく素でいられるだろうし二人で幸せになってほしいです。



*久瀬蒼馬
CV.内田雄馬

IMG_0474
「おい、俺は何があってもお前の味方だぞ」
主人公同様、城に招かれた少年。
本人に悪気はないのだが、態度がやや横柄なため密原からは『トノ様』と呼ばれている。
主人公の生い立ちを聞いた後、思い立った様に突然『お前の弟になってやろう!』と言い出す。
思考はやや突飛だが根は優しい。

*天然騎士は自称"弟"

猪突猛進な思った事はすぐに発言、行動というような真っすぐな少年。
ちょっと天然な所があり少々世間知らずな所もあるけれども、素直な性格がただただ天使でした。
個人的に全キャラ√やった後の癒し枠でした、本当に可愛い。

柘榴の弟がいなくなってしまいその事をずっと引きずってる生い立ちを知り柘榴の「弟」になると宣言。それから柘榴を「姉」と呼び、弟になってくれます。
その突飛な行動も久瀬くんなら言い出すかもってなってしまうのが久瀬くんらしいのであまり気にならなかったのですが久瀬くん√に入ってまさかそこもしっかり意味があるとは思ってもなかったです。

実はスイクラ城に来るまでの記憶が一切ない久瀬くん。
自分は何者なのか、何をやっていたのか、もし城から出られたら自分はどこへ帰ったらいいのか。
それらが一切分からない状態だけども、もしその事を柘榴ちゃんに知られてしまったら…と彼女に嫌われてしまう事を怖がり秘密にしていたと。
しかしそれを柘榴ちゃんに疑われ、久瀬くんと喧嘩してしまったりするのですがやっぱり密原くん√と比べたら平和で、んでもって柘榴ちゃんも久瀬くんにだんだん惹かれていきます。

実は久瀬くんは密原くんの弟…密原宗助でつまり生まれる前に亡くなってしまっていた弟でした。
目の色が一緒だし密原くん√でも何かしら対称的になってる部分があったので久瀬くん√やっててもしやと途中で気付いたのですが本当にその久瀬くんの過去が辛い。
死にかけていた兄と母親を助けるためにスイートクラウンに願いをかなえてもらい、お菓子になってしまったと。
今回お茶会を開くにあたり柘榴をスイートクラウンにさせるために送り込まれた菓子人形が久瀬くんであり所謂彼はあっち側の存在だったという。だけども作られた人形でも意志はある訳で。
生まれる前とは言え自己犠牲で大切な人を助けた久瀬くん…菓子人形になっても自分は犠牲になってもいいという精神で柘榴、そして自分の兄である密原くんを救おうとしますが、最終的には柘榴といる未来を、一緒に生きていきたいと願い無事に柘榴といる未来をつかみとれた訳で…本当によかったねと。

しかも密原くんもある意味救われているのがこの√の良い所ですよね、彼の抱えてた問題が弟だった訳ですが宗助という弟と再会して、話して、はじめて殴り合いの喧嘩までできて心の底から話し合えた。
この事が密原くんにも大きな一歩になれたでしょうし。
柘榴ちゃんと遊園地デートしてる写真を密原くんに送り付ける久瀬くんが凄く幸せそうで何より。

柘榴ちゃんは皆を出すためにちゃんとした睡眠を犠牲に、いつどこで眠ってしまうか分からないそんな体になってしまいましたがそんな柘榴を一生自分が助けて守ると言い切ってくれる久瀬くん…やはり好きすぎます。もうずっとそのまま幸せでいてくれと願っちゃいました。



*日之世武尊
CV.柿原徹也

IMG_0472
「……自分じゃ分からないものなんですよ。『魔』というのはふとした時に突然やってくる」
主人公同様、城に招かれた少年。
年上にも年下にも敬語で接し、一線を引いている。
テンションが上がると良く笑いながら毒を吐く。
見た目の線の細さからは想像ができないほどに近づきがたい人種。

*毒を纏いし眼帯者

ちょっと小柄で、喋り出すと毒舌で「イヒヒ…」とちょっと不気味な笑い方が特徴。
色々な武器を集めるのが好きでナイフを常備していたり、ちょっと危ない人物なイメージでした。
日之世くん√に入るまであまり興味がなかった子だったんですが、クリアして一気に印象が変わって凄く好きなキャラになってしまいました。
共通√で柘榴ちゃんがスイートクラウンになったら殺すって約束をしていたので日之世くん√だとそういう展開になるんだろうなとか思ってたんですが、柘榴がスイートクラウンになっても殺す事なんてそんな約束とかなかったように話が進んでたのが(笑)。

スイートクラウンに個人的な恨みがあり、ただただスイートクラウンを殺すためだけにこのお茶会にやってきた日之世くん。だからこそ何かを知ってるから故に行動は慎重で、柘榴のオフレンダになる事もあまりやる気ではないと言いつつなんだかんだで一緒にいてくれる実は真摯な日之世さん。
それプラス、自分を犠牲にして皆を外に出そうとする柘榴ちゃんに対し自分は自己犠牲が反吐が出るほど嫌いなんですと告げて彼女の考えを変えさせようとしたり…見た目や性格や喋り方で誤解されそうですが正論を言ってたりもするんですよね。

日之世くんをオフレンダにした事で彼と接していく内にいつの間にか意地の張り合いが起き、柘榴ちゃんが日之世くんを惚れされる対決みたいな展開になっていきます。まさかのそんな展開からの恋。
その結果自喰の影響があったのでしょうが柘榴ちゃんが日之世くんを好きになっていきます。その柘榴ちゃんの恋する様子と過程が個人的に凄く好きでした。
んでゲインロス効果というものを知った…この2人の恋は本当にゲインロス効果からはじまる恋でしたね…!!ただその自喰の影響で弟の事を忘れてしまった柘榴ちゃん…。

んでもって日之世さんの過去もかなり辛い。
彼の抱えていた闇は双子の妹で、しかも自分を殺そうとした妹。自分が妹から逃げてしまったから妹がスイートクラウンに騙され死んでしまったのだと…妹がいなくなってしまったから自分の家族が壊れてしまった。それはある意味柘榴ちゃんとも似た境遇でもあったと。
スイートクラウンに関連あって亡くなってしまってたから妹ちゃん…八尋ちゃんは出てくるかなと思ったらやっぱりネージュでしたね。兄への歪んだ想いを抱いていた八尋ちゃんですが最後は柘榴ちゃんとも仲良くなり普通の双子の兄妹として接する事も出来たし本当によかったねと。
ただネージュの姿で何回かビビってしまったのであの怖い立ち絵は許しません。

お互いの気持ちが素直に両想いになるまで色々あった2人。まさか自分はまた柘榴を好きになると信じて自喰までして好きって気持ちを消してもらい柘榴に自分がどれだけ本気か伝えようとする日之世さん本当にかっこいい…普通気持ちを消してとかできないよなぁと。
色々自喰して、好きなったり嫌いになったり色々複雑な展開でしたが色々あったからこそ両想いになって恋人になれた時は嬉しかったですね。
深愛ENDの日之世さんが自分の子供が産まれるのが楽しみだという発言をしてたり、本来の日之世さんの性格があのENDの時のなんだろうなと。彼もまたスイートクラウンに半身を奪われ歪んでしまった子供のひとりなんだなと。
取り敢えず恋人になってからのイチャイチャ具合は日之世さんが一番だったと思います、幸せになれ!





まずは最初にクリアした3人でした。
この通りスイクラでの推しは久瀬くんと日之世さんになったのですが基本やっぱり嫌いなキャラはいないし皆に幸せになってほしいなとどの作品よりも思うそんな作品でした。
双子好きにはたまらいゲームだとも思います!

次は古橋さんと真相ルートの感想です。